漢方薬名解説

一般的に「鼻炎」に使われる漢方薬

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

目次

「小青竜湯」はこんな方に!

水っぽい鼻水が出るタイプ

  • 透明でサラサラとした鼻水が止まらない方
  • くしゃみが出続けてつらいという方
  • 花粉の時期にとくにつらいという方
  • アレルギー性鼻炎の方

「小青竜湯」はどんなふうに効くの?

体の「水(すい)」をうまく排泄できないと、体内に余分な「水(すい)」がたまりやすくなり、さまざまな不調を起こします。その「水(すい)」が鼻からあふれ出たものが鼻水です。また、「水(すい)」が「気」の流れをさまたげるため、その「気」を動かそうとしてくしゃみが出ます。

「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」は、「水(すい)」によって冷えた部分を温めながら水分代謝を促すとともに、「気」を動かして、鼻水・くしゃみなどの症状を抑えます。眠くなる成分が入っていないので、就業時や車の運転をされる方にも適しています。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
飲食物中の水分を消化吸収によって人の体に必要な形にして体をうるおすもの

配合されている生薬は?

  • 麻黄(まおう)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 乾姜(かんきょう)
  • 甘草(かんぞう)
  • 桂皮(けいひ)
  • 細辛(さいしん)
  • 五味子(ごみし)
  • 半夏(はんげ)

漢方的考え方で鼻炎を分析

漢方では、体の中の余分な「水(すい)」が鼻炎の原因のひとつであると考えます。「水(すい)」とは体に必要なすべての水分のことで、体をうるおすものです。

「水(すい)」は、体のさまざまな排泄経路から外に出されますが、その排泄がうまくいかない人では余分な「水(すい)」が体にたまっていきます。余分な「水(すい)」は体を冷やし、体を守る力を低下させるため、体内にアレルゲンが入りやすくなってしまうのです。

アレルゲンの刺激が体表をふさいで毛穴が閉じると、水分が十分に発散できなくなり、体の「水(すい)」がさらに増えてしまいます。すると、「水(すい)」はほかの通路から外に出ようとします。これが鼻からあふれたものが鼻水、たまったものが鼻づまりです。また、余分な「水(すい)」は「気」の流れをさまたげます。すると、「気」を動かそうとしてくしゃみが出ます

さらに、悪化すると、「水(すい)」が「気」と「血(けつ)」の流れをさまたげ、余った「気」が熱に変わります。この熱が水分を奪うと、粘り気のある濃い鼻水が出たり、慢性的な鼻づまりになったりします。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの
飲食物中の水分を消化吸収によって人の体に必要な形にして体をうるおすもの


症状・悩みから選ぶ‐「鼻炎」

漢方薬での鼻炎の治し方

西洋医学では、鼻炎薬で症状を緩和していきます。くしゃみや鼻づまりなど、どの症状が一番つらいかによって薬が選択されるのが一般的です。

一方、漢方では、「症状緩和」よりも「体全体にはたらきかける」というところを重要視しています。水分代謝を良くして体全体の調子を整えながら、鼻炎を改善していきます。また、眠くなる成分が入っていないのが鼻炎に用いられる漢方薬の特徴です。

「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」は、くしゃみ、鼻水を伴うかぜや鼻炎、薄い水のようなたんを伴ったせきや、ゼーゼーと喘音がしたり、ゴロゴロとたんのつまった音を伴う気管支炎、気管支ぜんそく等に使われます。


「鼻炎」関連商品一覧へ