漢方薬名解説

一般的に「女性の悩み」に使われる漢方薬

乙字湯(おつじとう)

目次

「乙字湯」はこんな方に!

便秘が続くと痔になりやすいタイプ

  • 便秘がちで便が硬い方
  • 座りっぱなしでいることが多い方
  • 出産後におしりが気になる方

「乙字湯」はどんなふうに効くの?

漢方では、痔は滞ってしまった「血(けつ)」、すなわち「瘀血(おけつ)」が肛門にある状態と考えます。「瘀血」ができる原因はさまざまですが、冷え便秘なども原因となります。

「乙字湯(おつじとう)」は、漢方理論をもとに、江戸時代の日本人医師が作った処方です。「血(けつ)」の流れを良くして傷の治りを早め、うっ血をとるとともに腫れを抑えます。また、便の通りを良くして、排便時の痛みや圧迫をやわらげるとともに、筋肉の緊張を高めて、中のが出てこないようにします。


漢方用語解説
全身の組織や器官に栄養を与えるもの
瘀血
血のめぐりが悪くなった状態

配合されている生薬は?

  • 当帰(とうき)
  • 柴胡(さいこ)
  • 黄芩(おうごん)
  • 甘草(かんぞう)
  • 升麻(しょうま)
  • 大黄(だいおう)

漢方的考え方で女性の悩み(痔)を分析

漢方では、肛門付近で起きた「瘀血(おけつ)」がを引き起こすと考えます。「瘀血(おけつ)」とは、「血(けつ)」が滞ってたまったものを指し、さまざまな不調の原因となります。肛門付近で「瘀血(おけつ)」が起こるのは、冷え便秘などが主な原因です。

は漢方が得意としている病症のひとつです。漢方薬は、ほかに現れている全身症状を踏まえ、原因となる便秘の改善と同時に、うっ血や炎症をとり除いていきます。


漢方用語解説
全身の組織や器官に栄養を与えるもの


症状・悩みから選ぶ‐「女性の悩み」

漢方薬での女性の悩み(痔)の治し方

西洋医学では、軽度のは外用薬をメインに使って治療します。一般用医薬品では、痛み止めやかゆみ止め、腫れなどの炎症を抑える成分が配合されたものがほとんどで、肛門内に挿入する坐薬のほか、肛門の外に塗る軟膏、肛門の中に注入する軟膏などがあります。

漢方では、「瘀血」の原因にアプローチします。「血(けつ)」が滞っている状態なので、「血(けつ)」の流れを促し、不足している場合には補う治療をします。また、便が硬いと、出すときに痛いだけでなく、おしりを圧迫して「瘀血」の原因となりがちなので、便を軟らかくする薬も使います。

漢方薬では、穏やかな排便作用により、便通を整え、の原因のひとつとなる便秘を改善します。さらに、血液循環を良くして患部のうっ血をとり、痔核、切れ痔などを改善していきます。


「女性の悩み」関連商品一覧へ