漢方薬を選ぶ

お通じの悩み

目次

あなたのお通じの悩みの症状をチェック!

「もう3日出ていなくて…」といった会話、思い当たりませんか? 食物繊維や水分を積極的にとったり、マッサージやスポーツなどで腸の動きを活性化させたりと、日々の生活で意識されていることも多いのでは? 漢方では、慢性の便秘だけに限らず、便秘と下痢を交互に繰り返してしまう症状に対しても、生薬のチカラで便通を整え、スムーズな排便を取り戻します。

漢方では、症状の出ている部分だけではなく、体全体の状態や嗜好からも症状を判断します。まずはあなたの状態をチェックしてみましょう。チェックが多いようなら、漢方薬でのケアがおすすめです。


慢性的な便秘タイプ

  • ワカ末漢方便秘薬(調胃承気湯)のイメージ
  • こんな症状に心当たりはありませんか?

便秘を改善したい方におすすめする漢方処方

ワカ末漢方便秘薬(調胃承気湯) 第2類医薬品

ワカ末漢方便秘薬(調胃承気湯)(わかまつかんぽうべんぴやく(ちょういじょうきとう))


体力中等度なものの次の諸症:便秘、便秘に伴う頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・ふきでもの(にきび)・食欲不振(食欲減退)・腹部膨満、腸内異常醗酵・痔などの症状の緩和



一般的に「お通じの悩み」に使われる漢方薬
「ワカ末漢方便秘薬(調胃承気湯)」の解説を見る


便秘・下痢を繰り返すタイプ

  • 桂枝加芍薬湯のイメージ
  • こんな症状に心当たりはありませんか?

便意があるのに出渋る、便秘、下痢におすすめする漢方処方

桂枝加芍薬湯 第2類医薬品

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)


体力中等度以下で、腹部膨満感のあるものの次の諸症:しぶり腹、腹痛、下痢、便秘
(注)「しぶり腹」とは、残便感があり、くり返し腹痛を伴う便意を催すものを指します。



一般的に「お通じの悩み」に使われる漢方薬
「桂枝加芍薬湯」の解説を見る

お通じの悩みの原因は?

排便のしくみ

胃で消化された食物は、十二指腸、小腸と通過しながらさらに消化され、栄養分と水分が吸収されます。この時点では、おかゆのように水分の多い状態です。そして、大腸を通過する間に水分が吸収され、適度な硬さの便となります。便が直腸に入ると人は便意を覚え、排便します。
胃から直腸まで便を運んでいるのは、胃腸が収縮する動きです(蠕動運動:ぜんどううんどう)。この動きが正常であれば、便は定期的に出ます。便秘の原因にはいろいろありますが、主に関係しているのが胃腸の動きです。この動きが遅過ぎると、便が大腸を通過するのに時間がかかってしまい、その分だけ水分をたくさん吸収されて硬くなります。便が硬くなると出すのも大変になり、便秘の状態をまねきます。
逆に、この動きが早過ぎると、水分を吸収される時間が少なくなってしまうので、水分が多いままで直腸まで運ばれてしまいます。すると下痢の状態となります。

何日出なければ便秘なの? イメージ

何日出なければ便秘なの?

何日間お通じがなければ便秘、という明確な基準はありません。便秘はその日数よりも、おなかが張る、痛いといった自覚症状に着目しましょう。とくに病気というわけではありませんが、体に悪い影響が出ることもありますので、早めに対処しましょう。
便秘によって、便が大腸の中に留まり続けると、不快感だけではなく、腐敗や異常発酵といったことが起こります。また、それによって毒素が発生します。便秘が続くと、肌があれたりニキビができたりといった不調を感じる方も多いですよね。これは、腸内で発生した毒素の影響といわれています。
便秘にはさまざまなタイプがありますが、日本人に一番多いといわれているのが、「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」という、大腸の動きが低下して起こるタイプです。とくに女性は、男性に比べて腹筋が弱いために腸の動きをサポートしきれなかったり、ダイエットによって腸の内容物が十分でなかったりして、便を押し出せずに便秘になることが多いようです。


便秘と下痢を繰り返すのはなぜ?

近年増えているのが、便秘と下痢を繰り返す症状。たとえば、何日か便秘だったのに、突然下痢になったり、普段は便秘気味なのに、通勤・通学中や会議前などは下痢になったりするなどの症状です。こうした症状があると、仕事を思うようにできなくなったり、外出を控えるようになったりと、生活の質(QOL)の低下にもつながりかねません。

便秘と下痢を繰り返すのはなぜ? イメージ

お通じの悩みQ&A 漢方のギモンを解決!

Q もう便秘とは長い付き合いです・・・。改めてお聞きします! 快適なお通じのためのポイントを教えてください。
A 排便にはリズムが大切といわれています。毎日同じ時間に起き、朝食を食べてトイレに行くという一連のパターンを繰り返すことで、体がそのリズムに慣れていきます。朝食をとることで胃腸が動き出し、便意を催します。漢方的には、脂っぽいものや辛いものを食べ過ぎると、胃に熱がたまりやすくなり、余計に食欲が出てしまうことがあります。できるだけ控えて、おなかにやさしいものを食べましょう。もちろん体を動かすことも大切です。適度に体を動かすと、「気」の流れの助けにもなります。
その他の漢方に関する疑問をご覧になりたい方はこちら!