鼻水と鼻炎の研究室

鼻水はどうして出るの?

かぜをひいたときなどに出てくる鼻水。身近な症状ですが、意外とその仕組みを知らない人が多いのでは?ここでは、そんな鼻のはたらきと鼻水が出る仕組みをご紹介しましょう。

鼻はからだの「加湿空気清浄機」

鼻はからだの「加湿空気清浄機」

鼻水が出ていなくても、鼻の内部(鼻腔)が常に湿っているということは、多くの方が経験的に知っているのではないでしょうか?鼻は口と並んで空気を取り込む“吸気口”ですが、通常、取り込む外気は体温よりも低温で、乾燥しています。さらに、ホコリなども含まれるため、そのまま体内に入るとからだへの負担が非常に大きいのです。そこで、空気を鼻から吸い込んだ際、鼻腔内で温度を調整・加湿するとともに、細かいホコリなどを除去するといった処理をしてから肺に送ります。いわば、からだの「加湿空気清浄機」のようなものです。

もう少し詳しく見ていきましょう。鼻腔内では、吸った空気に湿り気を与えたり、粘膜を保護したりするため、鼻粘膜から常に少しずつ粘液が分泌されています。この鼻粘膜に異物がくっつくと、粘膜の表面にある細かい突起の「線毛(せんもう)」が動き、ベルトコンベヤーのようなはたらきで、粘液といっしょに鼻腔の奥に運んでいきます。運ばれた異物は、のどから「たん」として排出されたり、本人が気づかないうちに胃の中に飲み込まれたりして取り除かれます。こうして鼻は常にきれいに保たれ、適切な空気を肺に送り届ける機能を維持しているのです。

鼻水は鼻の「洗浄液」

白色もしくは無色透明の痰(たん) 少し黄色い痰(たん) 緑色の痰(たん)

先に説明したように、鼻腔内では常に粘液が分泌されることで、適度な湿り気が保たれています。ところが、鼻粘膜にウイルスなどの病原体や花粉などの異物がくっつくと、それを排出しようとして粘液が多量に分泌され、鼻から出てくることがあります。これが、いわゆる鼻水です。ウイルスなど、からだにとっての異物を排除するための、生体の自然な防御反応です。このように鼻水は、鼻腔内をきれいに洗い流してくれる洗浄液のようなものといえるでしょう。
なお、鼻水以外にも、鼻や口から勢いよく空気を吹き出すことで異物を排出する「くしゃみ」や、鼻腔が腫れて狭くなることで異物の侵入を防ぐ「鼻づまり」なども、同じく人体の防御反応といえます。このように、「鼻水」などの症状が現れる状態を「鼻炎症状」と呼んでいます。

ちなみに、本来からだに害がないはずの花粉やハウスダストなどでも、鼻炎症状が出ることがあります。これらを「アレルギー性鼻炎」と呼びますが、こうした本来無害なものに反応する「アレルギー」は、いわば“からだの勘違い”です。そのため、同じ花粉でも、体質の違いによって「反応する人」と「反応しない人」、つまり花粉症になる人とならない人が存在するというわけです。