ホーム > ニュースリリース > 「喫煙者のタバコの値上げに関する意識調査」リポート

ニュースリリース

2010年9月30日

商品関連

10月1日からの値上げでスモーカーはこう変わる!
2人に1人が「減煙・休煙」4割が「買いだめ」、3割が「禁煙」を考えています

クラシエフーズ株式会社

明日10月1日からタバコの値上げが実施されます。クラシエフーズ株式会社(東京都港区)は、このタバコの値上げにあたり、20〜30代の喫煙者男女500名に対して「タバコの値上げに関する意識調査」を実施しました。

喫煙者の「タバコ」に関する意識や実態、今後のライフスタイルをどのように考えているのかが明らかとなる、興味深い調査結果となっています。

 

■調査対象:20〜39歳の現在喫煙をしている有職者男女500名(各250名)

■調査期間:2010年9月15日〜16日   調査方法:インターネット

 

 1 日に吸うタバコの本数は、現在「 15 本」、 10 月からは「 8 本」に減らしたい

 

まず、「1日に何本くらいタバコを吸っていますか?」との質問には、平均は「14.5本」、また、1ヵ月にかけるタバコの平均金額は「7,256円」との回答でした。次に、「10月からのタバコ値上げがきっかけで、何か行うことはありますか?」と尋ねたところ、

85%が「ある」と回答、具体的な内容を複数回答で尋ねると、「1日に吸う本数を減らす」が最も多く43%となり、4割以上の人 々が「減煙」を考えている結果となりました。

また、「タバコを買いだめする」(38%)、「禁煙する」(31%)と続き、「タバコを吸わない日を作る」と答えた「休煙」派も11%いました。<グラフ1>

「減煙」「休煙」のいずれかを回答した人を合計すると、46%となり、喫煙者の2人に1人が10月から、タバコの本数を減らそうと考えているようです。

 

 

そして、「1日に吸う本数を減らす」と回答した人に、「1日あたりのタバコの本数を何本くらいに減らしたいですか?」と尋ねると、平均で「7.7本」。現在の本数のおよそ半分に抑えたいと考えているようです。

10月以降のタバコ代に対する意識についても、「今より増えても仕方がない」がわずか18%なのに対し、「今と同じ金額に抑えたい」(32%)、「今より減らしたい」(24%)、「0円にしたい」(26%)、と回答した人が多いことから、タバコ代を節約したいと考えている人が多いことが判りました。

参考までに、「(値上げ前に)タバコを買いだめする」と回答した人に、「何カートンくらい購入する予定ですか?」と尋ねると、平均で「6.4カートン」となりました。

 

 5割以上が「10月からのライフスタイルは変わる!」と回答しています 

 

そして、「10月からのタバコの値上げで、あなたのライフスタイルは変わると思いますが?」と尋ねたところ、54%の人が「思う」と、回答しました。<グラフ2>

具体的には、「月々のタバコ代が今よりかかるので、その分自由に使えるお金が減ると思う(35歳男性)」「退屈しのぎのチェーンスモークや仕事の休憩中の一服を控える(27歳女性)」、「タバコを吸わない分、食べる機会が多くなりそう(33歳男性)」などの意見がありました。

これまでと同様にタバコを吸い続ける人も、タバコをやめたり、減らしたりする人も、何かしらのライフスタイルの変化はありそうだと考えているようです。

 

 

 

最後に、タバコの代替品して今後利用したいものについて尋ねたところ、一番多かったのは、「ガム」の(49%)、次いで、「コーヒー」(38%)、「ミントタブレット」(33%)、「アメ」(31%)との回答がありました。

 

 

クラシエフーズは、減煙・休煙を考えている皆さんを8つのフレーバーで応援します。

お問合せ
<お問合せ先>
クラシエホールディングス株式会社 総務・広報部
03-5446-3042 (FAX: 03-5446-3027)

※この文書は、WEBサイト掲載用に編集しています。

Copyright (C) Kracie Holdings,Ltd. All Rights Reserved.