ホーム > 研究開発ニュース > ランダム化比較オープン試験による抑肝散加陳皮半夏の認知機能に関する臨床的検討 (投稿論文)

研究開発ニュース

2013年8月1日

お知らせ

ランダム化比較オープン試験による抑肝散加陳皮半夏の認知機能に関する臨床的検討 (投稿論文)

クラシエ製薬株式会社

 

概要

 

表題

ランダム化比較オープン試験による抑肝散加陳皮半夏の認知機能に関する臨床的検討 (投稿論文)

発表内容概要

認知症が疑われるMMSE (Mini-Mental State Examination) 23点以下から認知機能が顕著に低下していないMMSE30点までと幅広い範囲の被験者に抑肝散加陳皮半夏を投与し、対照群と比較して中核症状のADAS-J cog. (Alzheimer’s Disease Assessment Scale) の有意な改善、及び課題遂行時の脳代謝の有意な改善を認めた。(UMIN-CTR臨床試験登録ID:UMIN000009232)

発表日(掲載日)

2013年7月28日

学会・雑誌・新聞名

精神科 23(1) 130-138、 2013