ホーム > 研究開発ニュース > 洗浄によるNMF損失が皮膚バリア機能に及ぼす影響 EFFECT OF NMF LOSS DUE TO CLEANSING ON BARRIER FUNCTION OF THE SKIN

研究開発ニュース

2012年1月2日

学会発表

洗浄によるNMF損失が皮膚バリア機能に及ぼす影響
EFFECT OF NMF LOSS DUE TO CLEANSING ON BARRIER FUNCTION OF THE SKIN

クラシエホームプロダクツ株式会社

クラシエホームプロダクツは、2011年12月12日~14日に行われたIFSCCバンコク中間大会にて、以下のとおり発表いたしました

 

概要

演題名

洗浄によるNMF損失が皮膚バリア機能に及ぼす影響

EFFECT OF NMF LOSS DUE TO CLEANSING ON BARRIER FUNCTION OF THE SKIN

発表内容概要

皮膚洗浄において、角層機能を損なわずに汚れを落とす洗浄剤開発を目的に、皮膚生理機能と角層構造変化の両視点からアプローチした。結果NMFの溶出抑制が有効であり、それにはN-アセチルグルコサミン(NAG)を界面活性剤と併用することが有効であった。

発表日(掲載日)

2011年12月12日~14日

学会・雑誌・新聞名

IFSCCバンコク中間大会

発表形式

口頭発表