漢方薬名解説

一般的に「ストレス(神経質、神経症)」に使われる漢方薬

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

目次

「抑肝散加陳皮半夏」はこんな方に!

神経が高ぶっていらだちやすいタイプ

「体力中等度をめやすとして、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるもの」

例えば・・・

  • イライラしやすいという方
  • ちょっとしたことで怒ってしまう方
  • ストレスで食欲が下がりやすい方

「抑肝散加陳皮半夏」はどんなふうに効くの?

「血(けつ)」が不足していると、ストレスに対する耐性が低く(ストレスに弱く)なってしまいます。そのため、ちょっとした(ささいな)ストレスでも「気」のめぐりがじゃまされ、イライラ、怒りっぽい、などの症状が出てしまいます。とくに、その怒りが強い場合は、いわゆる「感情を抑えられない、物に当たる・・・」といった行動をとってしまうことがあります。

「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」は、「抑肝散」に「陳皮」と「半夏」を加えた処方。自律神経系の調節をしながら「血(けつ)」を補い、「気」「血(けつ)」をめぐらせる処方です。これらの結果、ストレスによる身体への影響を除き、自律神経を安定させます。さらに、胃腸のはたらきを整える生薬が配合されているため、胃腸の弱い人でも服用しやすい処方です。また、「抑肝散」は、母子同服で用いられてきた、すなわち親子でのめる処方として用いられてきました。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの
母子同服
夜泣きなどがある神経過敏なお子様の場合、母親も神経過敏なことも多く、それが影響しているという考え方のもと、母親にも服用してもらうという考えのこと

配合されている生薬は?

  • 釣藤鈎(ちょうとうこう)
  • 柴胡(さいこ)
  • 川芎(せんきゅう)
  • 当帰(とうき)
  • 陳皮(ちんぴ)
  • 半夏(はんげ)
  • 茯苓(ぶくりょう)
  • 蒼朮(そうじゅつ)
  • 甘草(かんぞう)

漢方的考え方でストレス(神経質、神経症)を分析

ストレス疾患には、主に自律神経の調整や血流量の調整をする「肝」がかかわっています。「肝」は、「気」「血(けつ)」が十分でないと機能しません。さらに、「肝」は血流量の調整にかかわっていることから、ストレスを受けるとさらに「血(けつ)」が不足していきます。外部からの精神的刺激により、感情が抑えられると、「肝」の自律神経系のはたらきがうまくいかなくなり、怒りやイライラなどさまざまな症状が生じてしまいます。ほかにも、「心」の大脳(精神活動)のはたらきがうまくいかなくなると、精神症状が生じます。

漢方では、からだの構成要素のひとつである「気」がうまくめぐらないことが、不安神経症、神経質の原因であると考えています。「気」は、のびのびと過ごせる状態であれば、スムーズにからだをめぐりますが、何らかの外部刺激というストレスが加わり、自分の感情が抑圧されてしまうと、滞ってしまったり、めぐりが乱れてしまったりして、イライラや不安感、興奮、神経過敏などが生じてしまいます。

このように、漢方では、こころとからだは密接にかかわっており、こころの不調がからだの不調を招くと考えています。こころのはたらきは「喜」「怒」「憂」「思」「悲」「恐」「驚」という七つに分類され、「七情」と呼ばれます。七情が過剰でなく、からだの機能も正常であれば、七情をうまく表現することで、感情の抑圧は免れます。いわゆる、ストレスに強い、ストレスをうまく解消できている状態です。しかし、「血(けつ)」が不足していたり、「気」「血(けつ)」のバランスが悪かったり、からだの機能が正常でない場合は、ちょっとしたストレスでも大きな影響を受けてしまいます。いわゆる、ストレスに弱い状態となるのです。

また、長期間ストレスにさらされ、「気」のめぐりが正常でない状態が続くと、胃腸が弱り、そのために十分な「気」「血(けつ)」をつくり出せず、よりストレスに弱い状態になるという悪循環に陥ってしまいます。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの


症状・悩みから選ぶ‐「ストレス(不眠)」

漢方薬でのストレス(神経質、神経症)の治し方

「血(けつ)」が不足していたり、「気」「血(けつ)」のバランスが悪いと、ストレスを受けやすく、「気」がうまくめぐらなくなります。するとちょっとしたことで神経が高ぶるなど、いわゆる神経質な状態になりやすいと考えられます。「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」は、イライラを抑えられない方の自律神経のはたらきを調整し、症状を改善させます。また、胃腸のはたらきを助ける生薬が配合されているため、ストレスで胃腸に症状が出やすい方に適しています。


おすすめ

抑肝散加陳皮半夏 第2類医薬品

漢方セラピー「抑肝散加陳皮半夏」
周りにあたってしまう・怒りっぽくなってきた方におすすめの漢方薬です。


「ストレス」関連商品一覧へ