漢方薬名解説

一般的に「尿トラブル」に使われる漢方薬

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

目次

「竜胆瀉肝湯」はこんな方に!

痛みがつらいタイプ

  • 尿量が少なめで濃い方
  • おりものが多い女性の方
  • イライラしやすい方

「竜胆瀉肝湯」はどんなふうに効くの?

尿をためたり、出したりするはたらきを担う「気」が停滞すると、尿が出にくくなることがあります。さらに、「気」の停滞は熱を生み、この熱が痛みや尿のにごりを引き起こします。

「竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)」は、熱と水をとる処方で、とくに熱に着目しているので、熱感や痛みなどの炎症の強いタイプの方に向いています。また、イライラなど自律神経の過緊張にも応用され、閉経時(更年期)に頻発する膀胱炎などによる排尿痛、残尿感に使用することもあります。

配合されている生薬は?

  • 竜胆(りゅうたん)
  • 山梔子(さんしし)
  • 甘草(かんぞう)
  • 木通(もくつう)
  • 地黄(じおう)
  • 当帰(とうき)
  • 黄芩(おうごん)
  • 沢瀉(たくしゃ)
  • 車前子(しゃぜんし)

漢方的考え方で尿トラブルを分析

漢方では、膀胱に尿をためておく、出すというはたらきも、「気」の流れによるものと考えます。この「気」の流れは、外から悪いもの(邪)が入り込むことや、冷えによっても悪くなります。「気」の流れが悪くなってしまうと、尿が出にくくなります。

膀胱に侵入した「邪」は、尿をためたり、出したりするはたらきをさまたげるため、頻尿や残尿感が現れます。また、「気」の流れが悪くなってくると余分な熱が生まれ、この熱が炎症を引き起こして、排尿時の痛みが発生します。

膀胱は、腎の腑で腎臓のはたらきと密接な関係があります。とくに、水分代謝に関係のある器官で、腎の作用により調節され、体内の水液を貯留・排泄(排尿)する作用があります。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの


症状・悩みから選ぶ‐「尿トラブル」

漢方薬での尿トラブルの治し方

西洋医学では、膀胱炎に対しては抗菌剤や抗炎症剤を使い、菌を殺すとともに炎症を抑える治療をします。また、頻尿には尿を出にくくする薬を、尿量減少には尿を出やすくする薬を使うのが一般的です。

漢方では、頻尿や尿もれといった表面的な症状ではなく、その原因にはたらきかける治療をします。同じ薬で、頻尿にも尿量減少にも対応できるのはそのためです。

排尿の際に痛みがあり、膀胱に炎症がみられる尿トラブルは、冷えや「邪」などによって「気」の流れが停滞し、尿が出にくくなったものと考えます。この場合は、尿量を増やすことで悪いものを洗い流す治療をします。さらに、「気」が停滞し続けることで熱がたまり、強い痛みや尿のにごりが現れた場合には、尿量を増やすとともに、熱をとるような治療をします。


「尿トラブル」関連商品一覧へ