漢方薬名解説

一般的に「疲れ」に使われる漢方薬

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

目次

「補中益気湯」はこんな方に!

動くと疲れるタイプ

  • 朝起きるまでに時間がかかってしまう方
  • めまいがしたり、ぼーっとしたりすることが多い方
  • 電車などですぐに座りたくなる方

「補中益気湯」はどんなふうに効くの?

「気」は、人の体を支えるすべての原動力のようなものなので、「気」が不足している人は電池が切れた携帯電話のようなものです。機能は壊れていないのに、動力がないので動けないのです。

「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」は、“中(体の内側)を補い気を動かす”という意味で名付けられています。胃腸のはたらきを高め、食欲を出すことで「気」を増やし、「気」を上のほうに動かしてめぐらせることで、疲れを改善していく処方です。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの

配合されている生薬は?

  • 人参(にんじん)
  • 白朮(びゃくじゅつ)
  • 黄耆(おうぎ)
  • 当帰(とうき)
  • 大棗(たいそう)
  • 柴胡(さいこ)
  • 陳皮(ちんぴ)
  • 甘草(かんぞう)
  • 生姜(しょうきょう)
  • 升麻(しょうま)

漢方的考え方で疲れを分析

漢方では、「気」が不足したり、めぐらなかったりすると疲れが出ると考えます。「気」は、人の体のあちこちで動力の役割をしているので、不足すると体を動かせなくなります。また、「気」そのものは足りていても、全身にいきわたらなければ疲れを感じます。たとえば、「気」が頭のほうまでめぐっていかないと、めまいを起こしたりぼーっとしたりします。

さらに、「気」が足りない状態が続くと、「気」と表裏一体で動いている「血(けつ)」も不足してきます。「血(けつ)」は、全身に栄養分を与えているので、「血(けつ)」が不足すると全身の栄養分が不足して疲れがひどくなるだけでなく、不安感が増してなかなか眠れないなど、精神的にも影響が出ます。また、「血(けつ)」は髪をつくる原料と考えられているため、髪が傷むのも「血(けつ)」の不足からといえます。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの


症状・悩みから選ぶ‐「疲れ」

漢方薬での疲れの治し方

西洋医学では、体がエネルギーをつくるための栄養素を補給することで、疲労回復を目指します。体の機能の一部を肩代わりするようなものなので、比較的早く動けるようになりますが、肩代わりがなくなるとまたいずれ元に戻ります。

漢方では、疲れは「気」と「血(けつ)」の問題と考え、「気」「血(けつ)」を補い、めぐらせる方法をとります。「気」は人の体の機能の原動力で、人間の体にそなわっている「治そう」とする力のもとになっています。漢方は、回復する過程が大事だと考え、「治そう」とする力をサポートすることで症状を改善していくので、機能を肩代わりするというよりは、うまいやり方に導いてくれるといった感じです。そのため、時間はかかりますが、体のちょうどいい状態を維持しやすくなります。

「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」の「補中」とは、衰えた胃を補い強化する、「益気」とは、滅入りがちな気持ちをひきたてるという意味で、消化器系の機能低下、体力の低下・虚弱を回復させることを目標としています。胃腸機能が衰えて疲労感、倦怠感を訴える人で、普段から病弱な体質、体が疲れやすくだるい、食欲がない、寝汗をかくなどの症状や病後の衰弱などがある方に用いることで効果があります。


漢方薬での疲れの治し方 イメージ
「疲れ」関連商品一覧へ