元気や食欲が無く、かぜのひきはじめと思われるお子様に マシュマロココア

マシュマロココア

momo

甘酒を同量の牛乳と合わせることで、飲みやすくやさしい程よい甘みを楽しめるデザートが出来上がります。また、マシュマロにチョコペンで絵を描くなどして、可愛らしく。お子様の食欲がない時などに、栄養と元気が届けられるレシピです。

※お子様が召し上がる場合は、米麹から作られたノンアルコールの甘酒をご使用下さい。

材料(2人分より)

  • マシュマロ4~6個
  • 製菓用のチョコペン
  • 濃縮タイプの甘酒100g ※お子様が召し上がる場合は、米麹から作られた
    ノンアルコールの甘酒をご使用下さい。
  • 牛乳100cc
  • ココアパウダー大さじ1
  • 牛乳(ココア用)大さじ2

作り方

  1. 皿にマシュマロを並べ、ピックをつけたり、
    チョコペンで顔を描くなどしておく。
  2. 甘酒に牛乳をまぜ、鍋に入れて弱火で温める。
  3. ココアパウダーを器に入れ、大さじ2の牛乳で溶く。
    これをに入れてよく混ぜ、口の広い容器などに注ぐ。
  4. のマシュマロをにつけながら食べる。

飾り付けのポイント

飾り付けのポイント食欲がないお子様にも目で楽しみながら食べてもらえればと、マシュマロに顔を描きました。また、台所に眠っていたストローからリボンを作り、爪楊枝の飾りにしました。お弁当で使うピックを利用したり、爪楊枝の頭にカラフルなマスキングテープを国旗のようにつけてもマシュマロを可愛らしく飾れます。

薬膳のポイント…甘酒

発酵食品である甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養豊富なもの。
体力が衰えている時には最適です。しかもその甘みを利用すれば、
砂糖いらず。滋養が多い牛乳やココアと合わせることで、
より飲みやすくなり、消化も良いのです。
もともと甘酒は、ご飯を麹菌で発酵させたもので、
疲労回復やストレス緩和、新陳代謝を促すなどの作用をする
ビタミンB群が豊富。様々なアミノ酸も摂れるので、
かぜのときにはオススメです。

〈文章・料理監修〉
薬膳料理研究家 谷口ももよさん

薬膳料理研究家、東洋美食薬膳協会代表理事、全日本薬膳食医情報協会常任理事。薬膳料理教室「Salon de Maman(サロンドママン)」主宰。「健康は日々の食卓から」と「美食同源」をテーマに、身近な食材で簡単で美味しい薬膳レシピの提案。2015年、料理本のアカデミー賞といわれるグルマン世界料理本大賞にて、『身近な10の食材で始める薬膳ビューティレシピ』が健康料理部門にてグランプリを受賞。2017年も、著書『ベジ薬膳』がグルマン世界料理本大賞・ダイエット料理部門でグランプリを受賞する。