Kracie

研究開発ニュース

クラシエ製薬株式会社
学会発表

日本薬局方及び日本漢方生薬製剤協会自主基準として,一部の生薬,生薬製剤及び漢方製剤について,残留農薬に対する試験方法および基準が設定されている.しかし,この試験法は操作に熟練を要し,また,全工程の試験には長時間を要すため,迅速かつ簡便な試験法の導入が望まれる.そこで本研究では,葛根湯構成生薬及び葛根湯エキス製剤を対象に,主に食品分野で用いられる残留農薬迅速一斉分析法「STQ法」による分析を行い,本法の適用可否を検証した.
その結果,ほとんどの項目において,実用的な真度及び精度が認められ,定量に影響を与える妨害成分は確認されなかった.生薬,生薬製剤及び漢方製剤にSTQ法を適用することにより,多成分を含む複雑な試料でも,簡便かつ高精度に分析できる可能性が示唆された.
(330字/150~400字)

学会・雑誌

日本分析化学会第68年会