Kracie

研究開発ニュース

クラシエホームプロダクツ株式会社
学会発表

皮膚が過敏な状態となるアトピー性皮膚炎では皮膚常在菌叢が変化していることが知られており、皮膚常在菌が肌の過敏化に関係しているのではないかと考え研究を行った。敏感肌群と敏感肌ではない群では異なる菌叢構成が認められた。さらに、皮膚常在菌S.aureus及びM.luteusによって神経細胞の軸索伸長の亢進が認められた。このことから、皮膚常在菌が皮膚に作用して神経伸長を促進する因子が誘導されることで肌の過敏化が起こっている可能性が示唆された。

学会・雑誌

IFSCC 2019 Conference ミラノ大会