漢方療法推進会 こころとからだに自然の力

商品情報

杞菊地黄丸第2類医薬品

年のせいだとあきらめないで! 疲れ目、かすみ目に効く

こぎくじおうがん杞菊地黄丸

“目にいい”といわれる「枸杞子[くこし]」「菊花[きくか]」を配合しています

“目の調子”は「肝[かん]」、「腎[じん]」と密接な関係

“目の調子”は「肝[かん]」、「腎[じん]」と密接な関係

漢方では、「気[き]」「血[けつ]」といったエネルギーや栄養などが、過不足なくからだ中をめぐることで健康が保たれるとされます。とくに、「五臓」と呼ばれる臓腑は、それぞれ対応するからだの各器官に栄養やエネルギーを与える重要なものと考えられています。その中で、『肝は血を受けてよく視[み]る』といわれ、「肝」に蓄えられた「血」の栄養とうるおいが十分に届くことによってはじめて、目は正常な状態を保つことができるとされます。さらに、「肝」は「老い」をつかさどる「腎」とも深いつながりがあるため、加齢に伴う目の症状には「肝」と「腎」を補うことが良いとされます。

「腎」を支える漢方薬「六味丸」

「六味丸」には、漢方でいう「補腎益精[ほじんえきせい]」のはたらきをもつ生薬が体において必要な栄養物を補い、「清熱涼血[せいねつりょうけつ]」のはたらきをもつ生薬が体のなかの余分な熱を取り除き、「淡滲利水[たんじんりすい]」のはたらきをもつ生薬が余分な水分を体外に出します。それらが相互的にはたらきあって、漢方的な解釈でいう「腎」を良い方向に導いていきます。

「六味丸」に「枸杞子[くこし]」と「菊花[きくか]」を配合

「腎」を補う代表的な処方である「六味丸」に“目にいい”といわれる「枸杞子[くこし]」と「菊花[きくか]」を配合したのが、「杞菊地黄丸[こぎくじおうがん]」です。枸杞子とはクコの実のことで、昔から実だけでなく、木の葉や根の皮も滋養強壮やかすみ目などに使われていました。また、菊花は「清熱[せいねつ]」という熱を取り除くはたらきがあり、目の充血をとるとされています。 以上のようなはたらきで腎と肝を補いながら、目にはたらき掛けるため、疲れ目やかすみ目などに効くのです。

“目にいい”といわれる「枸杞子[くこし]」「菊花[きくか]」