#016

クラシエの漢方が伝えたい100のこと。

#016

大潜入!高槻第二工場生薬棟

高まる漢方薬の需要に応えるため、クラシエ製薬は国内の原薬製造拠点である高槻第二工場に生薬棟を2021年2月に竣工。事務棟と合わせてコーポレートカラーのイエローを効果的に取り入れたモダンなデザインの建物が完成しました。医薬品製造企業として患者様へ安定した漢方薬を供給するためには原料生薬の安定確保が最重要。1階は生薬原料倉庫や秤量施設、2階は増産により負荷が高まる各種試験のための施設となっています。製造機能をリニューアルすることで、安定した医薬品供給のための体制を更にアップデートしました。

  • 事務棟
  • 事務棟エントランスに刻まれたクラシエの志と私たちの約束
  • 需要の拡大に対応するために生薬棟を建設
  • 青空に映えるたんぽぽイエロー
  • 中国青島から届く生薬を受け入れる受入室
  • 15℃以下に保たれた巨大生薬倉庫
  • 医薬品の安定供給のために、生薬原料在庫の量を確保することが重要
  • 生薬原料の保管場所はコンピューターで管理
  • 生薬棟2階は各種試験を行う施設
  • 井上一郎高槻第二工場長と社屋