> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

お肌の話 どう選ぶ? 様々なにきびの対処法。

だれもが一度は経験をしたことがあるにきび。
市販のにきび対策商品も 増えている反面、それぞれ何がいいのか、どう違うのか
迷うこともあるでしょう。 ここでは様々なにきび対処法をご紹介します。

◆スキンケア化粧品を使う

乾燥を防ぐことで肌のバリア機能を保ち、「にきびを防ぐ」目的のものが主です。
含まれる成分によっては、炎症や化膿しているにきびには刺激が強すぎる場合もあるので、 肌の状態に応じて
慎重に選びましょう。にきびを生じにくいとされる、ノンコメドジェニックテスト済み化粧品を選ぶのも良いでしょう。

◆市販の外用薬を塗る

主に、炎症がおきていたり化膿しているにきびに対し、炎症を抑えたり、雑菌が入るのを防ぐものがあります。
ただし、顔など肌の敏感な箇所に塗布することが多いので、まれに発疹や痒みが起こる場合があり、
塗布はにきび箇所のみへ限定的に使用し、長期的な使用は避けましょう。

◆市販の内服薬を飲む

にきびの主な原因はターンオーバーの乱れです。そのため体の中からのケアが根本的な改善につながります。
食生活や生活習慣を改善することが一番ですが、なかなか続かないという人は、内服薬で体の中から肌のターンオーバーを正常化しましょう。
特に繰り返しにきびや、顔や体の色々なところににきびができてしまってお悩みの方には内服薬がおすすめです。

◆病院でにきび治療を受ける

市販のものでも改善がみられない、にきびが化膿しているなどの場合は、すぐに専門医へ。
外用薬、内服薬、理学療法など治療法は様々ですが、にきびの種類と状態をから最適なものを医師が判断します。
ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 〜 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。