自覚症状でお悩みの方

症状別の質問に答えると、
自分にあった漢方セラピーがわかります。

痛み・しびれ

最近は若い人の間にも腰痛が増え、大きな問題となっています。腰痛を起こす原因の大半は脊椎を前後から支える腹筋、背筋の衰えからきています。“腰は体の要”といわれるほど大切な部位。腰が痛いときは、すべての動作がスムーズでなくなってしまいます。慢性的な腰痛は、栄養分を与えたり、体を温めたりする漢方が適しています。「年のせい」とあきらめる前に漢方薬を試してみましょう。 漢方では、さまざまな側面から症状のタイプを判断します。まずはあなたの腰痛の状態をチェックしてみましょう。

次の中から、
あなたの気になる症状を選んでください