自覚症状でお悩みの方

症状別の質問に答えると、
自分にあった漢方セラピーがわかります。

疲れ

「疲れ」「痛み」「発熱」は、体からの3大アラームといわれます。これらがなければ、人はいくらでも働いたり遊んだりできるかもしれませんが、体は深刻な状態になってしまうでしょう。「疲れ」は、「痛み」や「発熱」に比べて、見逃したりがまんしたりしがちです。何の対処もせずに放っておくと、疲れはどんどん蓄積されていき、回復にも時間がかかるようになります。漢方では疲れを、体を動かすエネルギーの問題ととらえ、足りないものを補って改善していきます。 漢方では、さまざまな症状がつながっていると考え、いくつかの側面からタイプを判断します。まずはあなたの疲れのタイプをチェックしてみましょう。

次の中から、
あなたの気になる症状を選んでください