不調人物図鑑

case17 更年期②

体の不調は日々の何気ないところから現れます。
不調人物さんの1日をチェックしてみましょう。

川木かわき ほてり

子育ても終わり、趣味や旅行など自分の時間がもてるようになった一方で、“ほてり”や“のぼせ”を感じることがあり、更年期の到来を実感している。

知柏地黄丸ちばくじおうがんって?

知柏地黄丸(ちばくじおうがん)

女性ホルモンが不足すると、脳は分泌を促す指令を出します。ところが、更年期に入って働きが低下した卵巣は指令通りに女性ホルモンを分泌しづらくなります。すると、混乱した脳は興奮状態になり、自律神経にも影響が及んで体温調節がうまくいかなくなってしまうのです。
漢方セラピー「知柏地黄丸」は、体を潤し熱を鎮めることで、ほてりを改善します。

気になる他の症状もチェック