漢方療法推進会 こころとからだに自然の力

商品情報

虔脩感應丸第2類医薬品

体質が虚弱な方の滋養強壮に

けんしゅうかんのうがん虔脩感應丸

意識を覚醒させるとされる「牛黄[ごおう]」「麝香[じゃこう]」を配合しています

脱力感があり、気分がシャキッとしない時に

脱力感があり、気分がシャキッとしない時に

「虔脩感應丸[けんしゅうかんのうがん]」は、漢方的な表現では「五疳[ごかん]薬」とよばれる製剤のひとつです。五疳とはもともと中国から出た言葉で、今日の言葉でいえば、神経質等の虚弱体質で、ちょっとしたことでひきつけを起こしたり、めまい、悪寒、発熱などを起こしやすく、また熱がなくても悪寒、失神状態になりやすいような体質をいいます。 「虔脩感應丸」は、こうした体質が虚弱な方に多いひきつけ、気付け、息切れ、動悸、消化不良などに効果があります。

「牛黄[ごおう]」「麝香[じゃこう]」が意識を覚醒させる

「虔脩感應丸」に含まれる成分のうち、「牛黄[ごおう]」と「麝香[じゃこう]」は、芳香開竅[かいきょう]薬とよばれ、「気」「血」の通り道となる経絡[けいらく]や、神経などの循環を良くし、意識を覚醒させるはたらきがあるといわれています。 「牛黄」は牛の胆石のことで、鎮静作用、利胆作用、解熱作用などが知られており、古くから「高貴薬」として用いられてきました。 「麝香」は、高級な香料の原料として有名ですが、貴重な生薬でもあります。麝香とは、高地に生息する「ジャコウジカ」のオスの分泌物を乾燥したもので、含まれる胆汁質やタンパク質などの成分が、興奮、強心などの作用を示すと考えられています。漢方的には、経絡の疎通を図り、気血の阻害を改善して疼痛などを緩和するといわれています。 「牛黄」と「麝香」は、どちらも経絡に対する刺激が強く、気血を巡らせる効果が高いとされます。

「牛黄[ごおう]」「麝香[じゃこう]」が意識を覚醒させる
こんな方に