ふんわりさらさらケア

髪の毛がぺたんとなりやすい。ふんわりとした仕上がりになりそうなこちらを選択。

瀬戸内国際芸術祭サポーター | from香川県笹川 尚子

香川県からは、瀬戸内国際芸術祭を支えるボランティアサポーター・こえび隊で活躍する笹川尚子さん。3年に1度、瀬戸内海の島々を舞台に開催される現代アートの祭典・瀬戸内国際芸術祭で、作品制作の手伝いや、芸術祭のPR活動、期間中の運営、各島での催しの手伝いなど、あらゆる場面で活躍しています。笹川さんがこえび隊に参加したのは、2009年。アートに興味があったところ、たまたま知人に声をかけられたのだそう。現在は、瀬戸内国際芸術祭2019が開催中。日々島々を縦横無尽に動き、奮闘しています。

Day{{current_day}}
新・いち髪の感想へ

瀬戸内国際芸術祭の会場のひとつ、陸続きの沙弥島。

May 13

1日の仕事の始まりは、高松港で朝礼。ボランティアのみなさんと。

May 14

担当している大島の作品から見える瀬戸内海の風景。

May 15

お休みの日も島へ。女木島のレストランにて。

May 16

ボランティアのみなさんとエイエイオーの掛け声で1日が始まる!

May 17

週末はたくさんのボランティアが参加して芸術祭を支えています。

May 18

私の好きな街、高松市丸亀町の商店街にもアート作品。

May 19

風が強く荒れた瀬戸内海。お客さんを作品へ案内。

May 20

今日も大島へ。夏のような日差しですが、心地よい風が吹いてとても気持良い。

May 21

芸術祭春会期も残り5日。毎日の朝礼もあと5回。

May 22

先週に続き、また女木島のレストランでご飯。

May 23

今日は沙弥島へ。沙弥島からは本州と四国を結ぶ瀬戸大橋を眺めることができる。圧巻!

May 24

芸術祭春会期30日目。今日もみんなでいつもの掛け声を。

May 25

春会期最終日。島から戻ってくると高松港ではさぬきの獅子舞の公演。

May 26

第二弾はスタッフで打ち上げ。丸亀町商店街にある芸術祭の大型フラッグと一緒に撮影!

May 27

火曜と金曜に食べられるオムライス。食べに行くと、友人ファミリーにばったり会う、これが高松の良いところ。

May 28

たまには車でなく県内を走る私鉄・ことでんに乗って気分転換!

May 29

今日の瀬戸内海。芸術祭が一旦お休みに入ると高松港はとても静か。

May 30

ドイツに住む友達が高松に帰省していたので、私がよく行くお店のカフェでランチを。

May 31

お気に入りの喫茶店。置いている家具や絵、広さや店内の雰囲気もちょうど良い。窓際か中2階の席によく座る。

June 1

今日の瀬戸内海の夕焼け。

June 2

瀬戸内国際芸術祭でお世話になっている、絵本作家の田島征三さんと。

June 3

今日も平和な高松のまち。高松のとある駐車場にいる盆栽の置物。

June 4

ドイツの友達からもらったお菓子。パッケージがかわいい。

June 5

担当しているカフェで出す和菓子「ろっぽう焼」作り。ろっぽう焼作り6年目!

June 6

豊島からの帰り。船はお客さんでいっぱいだったので、後ろのデッキから。

June 7

大島で毎年恒例の梅仕事をこえび隊のみんなと。梅のへたをとる作業に、みんな集中していた!

June 8

今日の夕日も美しく、事務所の電気を消してみんなとトワイライトタイム。

June 9

来月には梅シロップになる予定。こつこつと瓶を振って砂糖を溶かしていきます。

June 10

瀬戸内海が目の前にある人気のカフェ。

June 11

事務所から少し離れたカフェでお茶。

June 12

QUESTION1ヶ月いち髪を
使ってどうでしたか?

新しい"いち髪"を使い続けたことで、変わったことはありますか?
ドライヤーで乾かした後や翌朝起床後もふんわりしていました。
香りについての感想を教えてください。
きつすぎず、ちょうど良い香りでした。
ボトルデザインについての感想を教えてください。
私が使っていたいち髪のボトルデザインはピンクで統一されていて可愛かったです!
100人の新・いち髪アンケート