ホーム > クラシエのたいせつなこと。 > たんぽぽ*調査隊(Vol.44)

すこしヒトには聞きづらい“デリケートゾーンケア”篇

たんぽぽメンバーの“暮らし”のすみずみまで知りたい!!
「たんぽぽ*調査隊」は、メンバーの皆さんの協力を得て調べたさまざまなことをWEBで発表していきます☆夏休み☆“家族で一緒に体験!!”篇 今回はワクワク!ドキドキ!!「夏休みのイベント」をアンケート。 家族と一緒にすごした忘れられないエピソードなど盛りだくさん☆

“デリケートゾーン”という言葉、皆さんは聞いたことがありますか?

たんぽぽメンバーへのアンケートでは、66%が「知っている」、30%が「聞いたことはある」と回答。ほとんど方が、なんとなくは耳にしたことがあるフレーズのようですね。
“デリケートゾーン”のケアは、欧米では母から娘に伝えられたりするくらい一般的に行われているそうなのですが、日本ではまだまだそこまで広まっていないというのが現状です。
今回は、そんなデリケートゾーンとそのケアについて特集します!

イメージ

“デリケートゾーン”とは?

“デリケートゾーン”と聞いて思い浮かべる身体の部位を聞いてみたところ、「Vライン」と答えた方が圧倒的に多く82%。次いで「Iライン」が34%、「Oライン」が24%という結果に。ほとんどの方は、“デリケートゾーン”と聞くと「Vライン」を思い浮かべるようです。
クラシエでは、主に「Vライン」、「Iライン」と「Oライン」の3箇所をまとめて“デリケートゾーン”と考えています。皆さんが考える“デリケートゾーン”の範囲よりもちょっと広くなりますね!

“デリケートゾーン”とは?

V・I・Oライン(デリケートゾーン)で気になる症状

“デリケートゾーン”で気になったことがある症状を聞いてみると、女性の62%が「かゆみ」、47%が「おりもの」、次に44%で「におい」と「ムレ」が続きます。男性に関しては、51%が「気になったことはない」と回答し、「かゆみ」が気になるという人は27%にとどまりました。

お子さまは、何の食物にアレルギーをもっていますか?

このように、思いのほか様々な症状に悩まされている“デリケートゾーン”ですが、どれくらいの方が実際にケアをしたことがあるのかを調べてみました。
すると、約4人に1人(23%)がケアをしたことがあると回答!皆さん、どんなケアをしているのでしょうか?

“デリケートゾーン”のお手入れ

「清潔に保つ」ことが重要と考えるメンバーさんが多く、清潔を保つために、ビデを活用したり、通気性の良い下着を選んだりと工夫している声が寄せられました。
また、病院で薬を処方してもらったり、市販薬を使ったりするなど実際に症状がでてからケアをしたことがある方もいらっしゃいました。一旦症状が出ると、治るまでに時間がかかり、気になってしまって普段の生活に支障がでることも・・・。快適に過ごすために日々のケアが大切ですね!

  • デリケートゾーン専用の石鹸などを愛用している。[ 30代 女性 ]
  • 脱毛サロンでお手入れしています。[ 20代 女性 ]
  • ビデを使っています。あと、おりものシートを使います。[ 30代 女性 ]
  • 専用のウエットティッシュでふく。ムダ毛を処理したりとか。[ 20代 女性 ]
  • とにかく清潔を保つ。[ 40代 女性 ]
  • 日常的に赤ちゃんのおしりふきを使っている。[ 50代 女性 ]
  • かゆみがあった時にはデリケートゾーン用の軟膏(市販)を使用したことがある。[ 40代 女性 ]

デリケートゾーン専用の石鹸や、ふきとりシートなどを使っている方もいらっしゃいました。デリケートゾーンの角質層はまぶたよりも薄く、5〜6層くらいしかありません。そんな敏感な部位にも関わらず、汗やおりもの、下着との摩擦や適さない洗浄剤など過酷な環境にさらされ、トラブルが起こりやすいのです。
ただ、キレイにしようとゴシゴシ洗いすぎるのは禁物!洗浄剤のタイプによってpHバランスが崩れやすくなることがあるそうです。細菌の繁殖を助長し、かゆみを誘発してしまうことも・・・。ちょっと心配なときには、デリケートゾーンも専用の洗浄剤などで、顔と同じようにやさしく丁寧なケアを心がけてみてはいかがでしょうか。

今現在、ご自身は食物アレルギーをもっていますか? 

夏休みの時期に、ご家族で一緒にしていること、または、していたことはありますか?

ご家族で食物アレルギーをもっている方はいらっしゃいますか?(複数選択可)

イメージ

弱酸性・低刺激洗浄料 VIfemy(ヴィフェミィ)

女性のデリケートゾーンにあわせた弱酸性の洗浄料です。きめ細かい泡で、優しくしっかり洗えます♥

毎日お使いいただけるよう肌に配慮した原料を厳選しました。

VI femyブランドサイト
http://www.vifemy.com/index.html

イメージ

“デリケートゾーン”の悩み、人に話したりする?

“デリケートゾーン”で気になることについて、人と話したり相談したりすることはありますか?という質問には、「人に話したくはない」方が43%とほぼ半数を占めました!次いで「相談したいが、人には話せない」という方が25%と続きます。反対に「よく話したり相談することがある」と「時々話すことがある」など、何かしら話すという方は、あわせて15%という結果でした。

約7割の方は、気になることがあってもなくても、人に話したり相談したりすることに対して抵抗があるようです。

特に「生理の時においやムレ」、「かゆみ」や「アンダーヘアのお手入れ」などについて知りたいという声が多かったです。不快感の原因は「おりもの」や「汗」のほか「生理時の経血」など様々で対策が難しかったりしますよね。
デリケートゾーンの洗浄方法なども参考に、まずは出来ることからぜひ初めてみてください!

◆知りたいことがたくさん!「デリケートゾーン」や「お手入れ方法」などの情報はこちら♥

 

アンケート概要
<期間> 2014/4/21〜2014/5/31  <回答数> 4,421名 当社調べ

 

バックナンバー

ご覧になりたいジャンルのボタンをクリックしてください。

  • バックナンバー
  • バックナンバー
  • バックナンバー
  • バックナンバー
  • バックナンバー
  • バックナンバー

あなたもクラシエたんぽぽメンバーになりませんか?

暮らしに役立つメールマガジンが届いたり、クラシエが実施するキャンペーンやアンケート応募の面倒なフォーム入力が簡単になります!

新規会員登録はこちら