クラシエの漢方エキス製剤の品質と安全性について

2.漢方エキス製剤の生産技術 漢方エキス製剤の有用性・服用性向上のために

原料生薬が天然のものであっても常に同品質の製品を生産するために、クラシエでは抽出・濃縮・乾燥工程の温度・時間など、長年のノウハウに基づいたコンピューター管理を行なっています。
また、漢方薬独特の苦味や臭いを抑え、のみやすい錠剤の小型化や服用回数を減らした製剤など服用性の向上を図る工夫も行なっています。
これらは、医薬品のGMP(医薬品の製造管理及び品質管理の基準)のもと、高度な生産技術を有する自社工場にて一貫した生産システムに基づき取り組まれています。
また、エキス粉末を製造する高槻第二工場、及び製剤工程を経て最終製品化する高岡工場の国内2ヶ工場は共にISO 14001 基準を取得し、環境に対しても配慮しています。

工程

葛根湯構成生薬の産地

ページTOPへ