OTC医薬品(一般用医薬品・大衆薬)の販売方法がかわりました

薬事法改正により、2009年度からOTC医薬品の販売方法がかわりました。これにともない、医薬品の外箱表示がかわっております。

医薬品の外箱に分類を表示することになりました。 医薬品の外箱に分類を表示することになりました。

医薬品の外箱に分類を表示することになりました。

※表示内容は医薬品によって、

第1類医薬品、第2類医薬品、第類医薬品、第3類医薬品 があります。

OTC 医薬品の分類と専門家のアドバイスについて

医薬品の含有する成分を、副作用、相互作用(のみ合わせ)、使用方法の難しさ等の項目で評価し、3つのグループに分類します。

第1類医薬品 OTC 医薬品としての使用経験が少ないものや副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。
第2類医薬品 副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。またこの中で、特に注意を要するものを指定第2類医薬品とする。

※指定第2類医薬品は「第類医薬品」と表示します。

第3類医薬品 副作用、相互作用などの項目で安全性上、多少注意を要するもの。

各分類ごとに、薬剤師または登録販売者(今回の薬事法改正で実施される都道府県の試験に合格した専門家)が、メリハリの利いたアドバイス(情報提供や相談対応)をします。

OTC 医薬品分類 対応する専門家 情報提供 相談対応
第1類医薬品 薬剤師 文書での情報提供(義務) 義務
第2類医薬品 薬剤師または、
登録販売者
努力義務
第3類医薬品 法律上の規定無し
たいせつなこと。Kracie