ホーム > ニュースリリース > 「新生小青竜湯2〈鼻かぜ・鼻炎用〉」 新発売

ニュースリリース

2010年12月7日

商品関連

〜猛威を振るう来春の“花粉”対策に〜
「新生小青竜湯2〈鼻かぜ・鼻炎用〉」 新発売

クラシエ薬品株式会社

クラシエ薬品株式会社は、花粉症やアレルギー性鼻炎を改善する、朝夕2回服用の小青竜湯内服液   「新生小青竜湯2〈鼻かぜ・鼻炎用〉」を12月14日より全国の薬局・薬店、ドラッグストアで販売いたします。1回1本、1日2回朝夕服用の飲みきりタイプ。小青竜湯の1日2回服用の液剤タイプは業界初の商品です。

 「新生小青竜湯2〈鼻かぜ・鼻炎用〉」は気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症を改善する漢方薬です。ゾクゾク寒気がし、くしゃみや水っぽい鼻水がたくさん出て困るときや、花粉症で鼻水が止まらないときなどに効果があります。

 朝夕2回服用タイプで、昼間の時間帯に飲む必要はありません。さらに液剤なので、水のないところでも服用できます。また、眠くなる成分が入っていないため、日中眠くなっては困る学生やお勤めの方などにおすすめです。

2011年春の花粉飛散予想は昨年比で約2〜10倍とされています。〈日本気象協会 2010/10/15発表〉

毎年この季節、花粉でお悩みの方には、花粉症対策の1つとして加えてみてはいかがでしょう。

商品概要は下記の通りです。

商品概要

しょうせいりゅうとう

 

商品名

新生小青竜湯2〈鼻かぜ・鼻炎用〉

成分

成人1日の服用量90mL45mL×2本)中

小青竜湯濃縮液・・・・・・・・・・・・・・・・81mL         

[マオウ・シャクヤク・カンキョウ・カンゾウ・ケイヒ・サイシン・ゴミシ各3gハンゲ6gより抽出。]

(小青竜湯濃縮液1Lは小青竜湯の混合生薬333.3mgに相当する。)

添加物として、安息香酸Na、パラベン、香料、バニリン、エチルバニリン、エタノール、白糖、ハチミツ、ショ糖脂肪酸エステルを含有する。

効能

体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:

気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、    花粉症

用法・用量

成人(15才以上)11本、12回朝夕、食前又は食間によく振ってから服用する。

15才未満は服用しないこと

容量

45L×2

希望小売価格

税込980

 

商品特長

(1)  1日2回朝夕服用タイプの小青竜湯内服液です。

(2)  液剤なので、水のないところでも服用できます。

(3)  眠くなる成分は入っていません。

 

発売日

2010年12月14日
お問合せ
<お問合せ先>
クラシエホールディングス株式会社 総務・広報部
03-5446-3042 (FAX: 03-5446-3027)
<お客様からのお問合せ>
クラシエ薬品株式会社 お客様相談窓口
03-5446-3334
(受付時間 10:00〜17:00 土、日、祝日、弊社休業日を除く)