先輩社員インタビュー

現場で働く仲間たちのために
何ができるかを考えています。

クラシエ製薬
生産技術
2016年入社
機械知能システム工学専攻

Interview

person13 ものづくりの環境を整える。安全・安心でより優れた製品を、効率よく製造するための環境を整えるのが、生産技術の主な仕事です。私の部署では、医薬品を製造する上で守らなくてはならない基準の管理・監督や、研究所で開発された製品を工場で安定して生産できるようにするための施策や工業化の準備を行っています。その中で私は、お客様からのクレーム調査、新しい設備の導入テスト、既存品の製造工程の改善検討などを担当しています。
コッコアポEX
お客様と働く人の安全・安心のために。
安全・安心な製品を世に送り出すために、工場では全員が真剣に日々働いています。高品質な製品を常に生産できることはもちろん、工場はそこで働く人にとっても安全で安心できる職場であることが大事です。どうすればもっと負担を少なくして、効率的でより良い環境を整えることができるか常に考えています。いずれは、学生時代に学んだ機械の知識や入社後の経験を活かし、身体的に負担の大きい作業や梱包作業の自動化などに挑戦して、生産効率の向上と働く人の作業負担の削減に貢献したいと思っています。
工場という広大なフィールドで。
工場では、1つの製品を製造するのに計量、薬品の製剤化、梱包など多くの工程があります。各工程での経験やそこで働く人と接していく中で、自分の活躍できる広大なフィールドがあることに気づき、生産技術の仕事の奥深さを感じました。ひとりの力だけでは限界があるので、まわりの人と協力し助けあえるコミュニケーションを築くことも重要です。機械や電気など幅広い知識が必要とされますが、さまざまなことに興味を持ち、常に新しいものを積極的に受け入れながら、今まで以上に広い視野で考え成長していきたいです。

Profile

  • Q1.仕事の魅力は?日々新しい知識や技術に触れながら、経験を積んでいくことができます。その経験と学生時代に得た知識を組み合わせることで、難しい課題にも自ら取り組んでいます。
  • Q2.クラシエの好きなところは?先輩社員が後輩への教育や指導に積極的で、自分自身の成長を実感することができます。また、熱意を持っていれば若手でもいろいろなことに挑戦することができます。
  • Q3.学生時代に熱中したことは?職人だった祖父の影響でものづくりに興味をもち、人が行っていた組立や搬送などの作業をロボットアームに代替する研究に取り組んでいました。研究室の先生や友人に支えられながら、ロボットアームの設計から製作、制御まで行いました。

Career Map

子ども時代 子ども時代 ものづくりに関係する仕事に就きたいと考えていた。
学生時代 学生時代 機械知能システム工学を専攻し、ロボットアームを研究。

kracie入社

入社〜2年目 入社〜1年目 漢方研究所の実習で、与えられたテーマの検討や発表を経験。
2年目〜現在 2年目〜現在 高岡工場で新設備の導入テスト、新製品の工業化などに携わる。
ページトップへ