先輩社員インタビュー

患者さんに最善な
処方を届けるため、
少しでも役に立ちたい。

クラシエ製薬
MR
2011年入社
情報システム学科

Interview

person01 日々仕事の精度を磨いて。MRとして、どの施設にいつ行き、どのような資料を使って、どういう切り口で話すか。常に試行錯誤を繰り返しながら営業を行っています。少しずつ仕事の精度が高くなり、自分のアクションが実際に採用につながった時には、仕事の面白さや楽しさを実感します。
漢方薬
患者さんに役立つために。
私の扱っている製品のエンドユーザーは患者さんです。その患者さんのために活動しているということを常に忘れずに活動しています。症状に応じた適切な薬剤の使い分けも一緒に提案。ドクターが患者さんにとって最善の処方ができるよう、お役立てできる活動を心がけています。
日々見つめ直し、マンネリ化しない。
当社は医療用漢方製剤を扱っています。新薬では対応できない症状が漢方によって改善するというケースは少なくありません。漢方医学の考えは奥が深く面白いですが、西洋医学的知見に立って漢方を紹介することが必要不可欠なため、漢方医学はもちろんですが、現代医療に関しても勉強することが山のようにあります。MRの活動は、常に同じでよいというわけではありません。自分の活動に満足してしまいマンネリ化することがないように、日々自分の活動を見つめ直し、仕事に取り組んでいます。

Profile

  • Q1.仕事の魅力は?医療現場に近いところで仕事ができること。当社の製品をお使いいただくことで、患者さんの役に立ったとお声をいただいた時にはよろこびを感じます。
  • Q2.クラシエの好きなところは?風通しのよさを感じます。若手も多く活躍しており、社歴に関係なく成果を評価してもらえる企業文化があります。
  • Q3.学生時代に熱中したことは?授業・アルバイト・サークルの3本立てで学生生活を過ごしていたと思います。サークルでは、組織の運営やいろいろな人の考えに触れることができました。

Career Map

子ども時代 子ども時代 幼稚園の頃はマラソン選手になりたかった。
学生時代 学生時代 ミクロ経済やマクロ経済など経済学の基礎を学ぶ。

Kracie入社

入社〜4年目 入社〜4年目 関越医薬支店に配属。エリアを移りながらMR職に従事。
5年目〜現在 5年目〜現在 東京第一医薬支店に異動。エリアを担当しながら、後輩の指導にあたる。
ページトップへ