ホーム > 研究開発ニュース > 楕円フーリエ記述子を用いたボディソープボトル形状の分析と評価 I ボトルの輪郭の定量化及び印象評価

研究開発ニュース

2012年4月2日

学会発表

楕円フーリエ記述子を用いたボディソープボトル形状の分析と評価 I
ボトルの輪郭の定量化及び印象評価

クラシエホームプロダクツ株式会社

クラシエホームプロダクツは、大阪電気通信大学との共同研究を行い、2012年3月2~3日に行われた感性工学会にて以下のとおり発表いたしました。

概要

演題名

楕円フーリエ記述子を用いたボディソープボトル形状の分析と評価 I

ボトルの輪郭の定量化及び印象評価

発表内容概要

楕円フーリエ解析をボディソープボトル輪郭形状に対して行い、主成分分析を行った。結果、各ボディソープボトル形状の主要な特徴を表わす形状の成分を抽出し、これらの成分と印象の関係を定量的に検討することができた。このことからデザイン形状の定量的解析に本手法は有効であると言える。

発表日(掲載日)

201232日、3

学会・雑誌・新聞名

感性工学会