ホーム > 商品紹介 > 桂枝加苓朮附湯エキス錠クラシエ [180錠]

商品紹介

桂枝加苓朮附湯エキス錠クラシエ [180錠]

第2類医薬品
商品写真:桂枝加苓朮附湯エキス錠クラシエ [180錠]

「桂枝加苓朮附湯(ケイシカリョウジュツブトウ)」は、江戸時代の著名な医者・吉益東洞(ヨシマストウドウ)が著した医書「方機(ホウキ)」に収載されている薬方です。
● 冷えると痛みが強くなる関節痛、神経痛に効果があります
● ひきつるような激しい痛みを緩和します

■180錠 希望小売価格:3,500円(税抜) JANコード:4987045109249

この商品の添付文書情報[PDF]

成分 成人1日の服用量12錠(1錠331mg)中
桂枝加苓朮附湯エキス粉末・・・2,400mg
(ケイヒ・シャクヤク・タイソウ・ブクリョウ・ビャクジュツ各2g、ショウキョウ0.5g、カンゾウ1g、加工ブシ末0.25gより抽出。)
添加物として、二酸化ケイ素、セルロース、水酸化AI/Mg、ステアリン酸Mg、タルク、クロスCMC-Na、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、ヒドロキシプロピルメチルセルロースを含有する。
効能 体力虚弱で、手足が冷えてこわばり、尿量が少なく、ときに動悸、めまい、筋肉のぴくつきがあるものの次の諸症:関節痛、神経痛
用法・用量 1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回4錠
15才未満7才以上・・・1回3錠
7才未満5才以上・・・1回2錠
5才未満・・・服用しないこと
クラシエ薬品