> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

お肌の話 漢方薬剤師が教える!カラダの内側から美肌を保つ方法 文/森田博美:漢方薬剤師

■消化器系の調子を整える
まず一番初めにお話ししたいのが「消化器系」のこと。
消化器系は、食べ物から栄養を吸収する器官です。消化器系に不調が起こると、食べ物の消化がうまくできず、栄養をカラダに吸収できません。栄養は、美肌を作る材料として必要不可欠なので、消化器系の調子が悪い人はしっかりとケアを行うことが必要不可欠です。
元々消化が良くない人は、夕飯に食べる量を減らしてみたり、消化に良いものを食べると効果的です。自炊をする際は、野菜を小さめに刻んだり、そのまま生で食べるより煮込んでみるのも良いでしょう。

■瘀血(おけつ)を改善する
瘀血とは、漢方でいう「血がドロドロしやすい」状態。甘い物や脂っこいものの食べ過ぎや、ストレスが多い人に起こりやすいです。瘀血があると、根の張ったような大きなニキビができやすく、治りづらいのが特徴です。また、シミやそばかす、肌の黒ずみなど、透明感が失われてしまいます。目の下のクマが目立つ人も多いですね。
瘀血がある人は、血の巡りを良くする養生法を行うと良いでしょう。まずは毎日湯船に浸かること。そうすると、血管が拡張して血が巡りやすくなります。そして、運動が好きな人は、ぜひ有酸素運動を心がけてみてください。たっぷりと呼吸をしながらウォーキングやヨガ、軽いランニングなどをすることで、血流が改善していきます。

■血虚(けっきょ)を改善する

血虚とは「血が不足している」状態のことです。血は、全身に栄養素を運ぶ役割をしているため、血が不足すると肌が栄養不足になり、肌あれの原因になってしまいます。化粧水やクリームをたっぷり塗ってもまだ乾燥が治らない人は、もしかしたら血虚体質かもしれません。
血虚を改善するためには、血を補って増やす必要があります。そのためには、まず一番初めに述べたように、消化器系の調子を整えることを心がけてください。そして、血を補う食材を積極的に摂ること。ゴジベリー(クコの実)やナツメ、プルーンなどのドライフルーツをおやつに食べるのがおすすめです。タンパク質は血の材料となるので、肉や魚、大豆などをしっかり食べるようにしましょう。

ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。