> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

お肌の話 ポイントは活性酸素除去!シミに悩まされないためのインナーケア 文/高木沙織:ヨガインストラクター

こんにちは。ヨガインストラクター・ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。
肌の悩みにはいろいろありますが、紫外線が強くなるこれからの季節は"シミ対策"に力を入れ始める方が多いのでは? 美白化粧品を使用してお手入れをしたりするのもよいでしょう。
それに加えて筆者がオススメするのは、インナーケア。ここでは、その方法についてお話ししていきたいと思います。

シミの原因・活性酸素を除去することが大事
紫外線を浴びることで発生する活性酸素。酸素が体内で変質してフリーラジカル化したもののことを言うのですが、肌トラブル・老化……、シミを加速させる原因と考えられています。それなら、「紫外線対策をすればよいのでは?」と思われがちですが、活性酸素が発生するのは紫外線を浴びたときだけではないのです。
気を付けたいのは、現代人に多い"ストレス"。 活性酸素はストレスを感じることでも発生するのです。

ヨガでストレスケア
ヨガで大事にするのは、ゆったりとした腹式呼吸。そこにさまざまなアーサナ(ポーズ)を合わせることで呼吸はさらに深くなり、気持ちを静めたり、前向きにしてくれたり、ストレスケアに一役買ってくれるのです。
日常生活で凝り固まった体もグーンと気持ちよく伸ばされ、心身ともに解き放たれたようなリラックスした気持ちのよい状態へと近付くのを感じられるでしょう。

気持ちを静めたいときは、
"チャイルドポーズ"。

床に正座になり、腕を伸ばしたまま上体を前に倒して額を床につける。
ゆったりとした呼吸を気持ちが静まるまで繰り返す。


気持ちを前向きにしたいときは、
アクティブな"体側を伸ばすポーズ"に
挑戦してみるとよいでしょう。
腕と足を大きく開いて立ったら右ひざを曲げて右手を右足の外につく。
左手を頭の先に伸ばして呼吸を5回繰り返す(目線は上げてもよい)。反対側も同様に。

ポーズを取るのが難しかったら、自宅でストレッチをするのでもよいでしょう。


食事で活性酸素を除去
活性酸素の除去には、抗酸化成分の摂取も有効です。


活性酸素の除去には、抗酸化成分の摂取も有効です。

抗酸化成分を含む食材は下記のとおり。
●ビタミンC ・・・ 柑橘類・いちご・キウイフルーツ・赤ピーマン・パプリカ・キャベツ・ブロッコリーなど
●ビタミンE ・・・ アボカド・かぼちゃ・ナッツ・植物油・うなぎなど
●ポリフェノール ・・・ カカオ・ブルーベリー・緑茶・赤ワインなど
●βカロテン ・・・ にんじん・ほうれん草・ピーマン・かぼちゃ・モロヘイヤなど

これらをバランスよく取り入れて、活性酸素除去に役立ててみてくださいね。

ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 〜 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。