> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

お肌の話 にきびができやすい日・季節ってどんなとき?

にきびや肌あれの調子って、その日ごとで違うと思ったことありませんか?
にきびの赤みが薄らいできたと思っても、翌日には悪化してたり…。その理由のひとつには、女性ホルモンの影響が考えられます。
皮膚科医100名に「にきびになりやすいと思う状態」についてアンケートをとったところ、
「月経前になりやすい」という回答が3位になるほど、月経とにきびの関係は深いのです。
※参考:クラシエ製薬調べ「皮膚科医調査」(2017年2月、回答数100名)
またフェイスケアに関する調査では、20〜30代の女性の半数以上が
月経中や月経前後に肌トラブルがあると答えています。
※参考:クラシエ製薬調べ(2009年2月)
月経中・月経前後に肌トラブルがある 月経前は、血中のプロゲステロン(黄体ホルモン。妊娠を助けるホルモンとも言われる)
が上昇します。
体内の血流量や体温の上昇や、感情が不安定になったり、
にきび、肌あれ、便秘なども起こりやすくなります。
体が妊娠の準備を最優先に働くのでしょう。
月経前はリラックスを心がけ、質の良い睡眠をよくとることが一番です。
にきびが悪化しやすい季節もあります。
春は新生活が始まり、ストレスがかかりやすいだけでなく、花粉症や黄砂などがにきびを悪化させる原因になります。
夏は紫外線が活性酸素を発生させて、炎症につながることが報告されています。
また、汗をかいたまま長時間放置するとにきびの悪化につながります。
いずれの季節もストレスをためず、紫外線対策や適度な洗顔で肌の清潔を心がけましょう。
ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 〜 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。