漢方薬を選ぶ

むくみ

目次

あなたのむくみのタイプをチェック!

むくみは、健康面だけでなく、見た目の面でも多くの人が気になるもの。近年では、むくみの改善に取り組む方が増えているようです。しかし、なかなか改善しない、あるいは改善してもすぐ元に戻ってしまう、という話もよく聞かれます。漢方は、その人のタイプに合わせてむくみを改善していきます。

漢方では、さまざまな側面から症状のタイプを判断します。まずはあなたのむくみの状態をチェックしてみましょう。チェックが多いようなら、漢方薬でのケアがおすすめです。


ぽっちゃりむくみタイプ

  • 防已黄耆湯のイメージ
  • こんな症状に心当たりはありませんか?

むくみがあり、太り気味の方におすすめする漢方処方

防已黄耆湯 第2類医薬品

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)


体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:肥満に伴う関節の腫れや痛み、むくみ、多汗症、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)



一般的に「むくみ」に使われる漢方薬
「防已黄耆湯」の解説を見る

むくみの原因は?

人体の約60%は水分で、その大部分は細胞内のほか、血管、リンパ管、脳・脊髄などの中に存在しています。これらの水分は、細胞や血管からしみ出したり、戻ったりして入れ替わっています。ところが、この水分がうまく回収されず、細胞のすき間にたまってしまった状態が「むくみ」です。
むくみは、病気や薬剤の影響などでも起こりますが、私たちの生活で起こりがちなのは、「昼間脱いだ靴が、夕方履けない」というような、一時的なむくみです。心臓から送り出され、足などの体の末端へ運ばれた血液は、ふくらはぎなどの足の筋肉のサポートによって、心臓に向かって送り返されます。ところが、立ちっぱなし、座りっぱなしなど、同じ姿勢を続けると、この機能がはたらかず、血液がうまく戻りません。そして血管から余計な水分がしみ出し、むくみとなってしまうのです。こうした一時的なむくみは、一晩寝れば治ることがほとんどですが、ひんぱんに繰り返していると、だんだん戻りにくくなっていきます。





むくみQ&A 漢方のギモンを解決!

Q むくみにくくなる食材とかありませんか?
A 余分な水分を排出する作用のあるものがおすすめです。キュウリやスイカ、豆類、海藻類といったカリウムが多く含まれている食材を積極的にとるようにしましょう。逆に塩分をとりすぎると、体に水分をとり込もうとしてしまうので、注意が必要です。
その他の漢方に関する疑問をご覧になりたい方はこちら!