漢方薬名解説

一般的に「肩こり」に使われる漢方薬

独活葛根湯(どっかつかっこんとう)

目次

「独活葛根湯」はこんな方に!

慢性的な肩こりタイプ

  • デスクワークなどで普段体を動かす機会が少ないという方
  • 体が冷えやすく、冷房や寒い場所が苦手という方
  • お風呂に入ると肩こりが一時的に良くなるという方

「独活葛根湯」はどんなふうに効くの?

子どもの頃に肩こりを感じることはほとんどありませんよね。これは「気」と「血(けつ)」が十分にめぐっている証拠です。

ところが、大人になるにしたがって、冷房の効きすぎ、長時間のデスクワーク、人間関係のストレスなど、「気」「血(けつ)」のめぐりを悪くする要因が増えてきます。それにより、肩に負担がかかり、肩こりになりやすくなるのです。また、湿気や冷えなどがそれをさらに悪化させます。

「独活葛根湯(どっかつかっこんとう)」は、「葛根湯」をベースに「独活(どくかつ)」と「地黄(じおう)」を加えた処方です。熱をつくる力を助けて体を温め、かぜや肩こりを治していく「葛根湯」に、痛みを止める生薬や、「気」「血(けつ)」の不足を補う生薬をプラスしたことで、より肩こりへの効果を強めた処方にしています


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの

配合されている生薬は?

  • 葛根(かっこん)
  • 桂皮(けいひ)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 麻黄(まおう)
  • 独活(どくかつ)
  • 生姜(しょうきょう)
  • 大棗(たいそう)
  • 甘草(かんぞう)
  • 地黄(じおう)

漢方的考え方で肩こりを分析

漢方では、肩こり「気」と「血(けつ)」のめぐりが滞っている状態と考えます。

たとえば軽いストレッチをしたら、肩こりが良くなったという経験はありませんか? これは「気」の滞りが症状の原因となっていた状態で、少し動いたり、リラックスしたりすると「気」がめぐって症状が改善されます。ところが、この状態が何度も繰り返されると、「血(けつ)」のめぐりも滞ってしまいます。そうなると、動かすだけでは改善されなくなり、慢性的に痛むようになります。

また、めぐりが悪くなると、徐々に「気」と「血(けつ)」が不足してきます。不足があると、湿気や冷えが入りやすくなって肩を冷やします。肩が冷えるとますます「気」「血(けつ)」のめぐりが滞り、痛むようになります。雨の日や寒い日に悪化するのはそのためです。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの


症状・悩みから選ぶ‐「肩こり」

漢方薬での肩こりの治し方

西洋医学では、「血行不良」を改善させるためのビタミン類や、痛みを止める鎮痛薬などが使われます。

一方、漢方では、「気」と「血(けつ)」のめぐりを良くすることで、こりをほぐしていきます。また、湿気をとり除いたり、冷えた部分を温めたりして肩こりを改善します。


「肩こり」関連商品一覧へ