九味檳榔湯 疎経活血湯

文字サイズを元に戻す

文字サイズを大きくする

あなたの持つ関節の痛みだけでない、さまざまなからだの悩み・・・「疲れやすく関節がはれて痛む…」「からだがしびれて関節が痛む…」

加齢と共に、関節の痛みに伴うさまざまな不具合を同時に抱えている方は多くいらっしゃいます。

こんなことありませんか? 片脚立ちで靴下がはけない  家の中でつまづいたりする 階段の昇り降りがつらい 歩く速さが遅い 長時間(15分くらい)連続して歩けない ちょっとした重さのものも、持つのがつらい

 その悩み、漢方の力で改善しませんか!? さまざまな症状をカバーする漢方薬で、
トータルでからだをケアしていきましょう!

関節痛の原因とは?

一般に関節痛の原因は外傷や加齢、筋力低下などがあります。
関節痛は関節に負担がかかる方ほど発症しやすく60歳以上の高齢者の8割以上の方が膝、肘、股関節などに痛みを感じています。また立ち仕事などで関節を酷使している方や肥満ぎみの方は発症が早いと言われます。
特に老化と共に関節を長年酷使し続けることによって、クッションの役割を果たしている軟骨がすり減り、ひざの衝撃を和らげる為に関節が変形する「変形性膝関節症」が増えています。
進行すると痛みの他、水がたまって腫れたり、湿気や冷気により痛みが強くなることもあります。

西洋医学と東洋医学の治療法

関節痛の緩和を目的とした治療を行なうとき、西洋医学と東洋医学では治療に対する考え方が違います。

西洋医学

痛みの原因は、患部の炎症にあると考えます。非ステロイド性抗炎症薬は、炎症や疼痛を軽減するには非常に有効です。しかしすり減った軟骨の再生は期待できないため、慢性の病変を改善することはできません。その他に温熱療法であるホットパックや電気・超音波機器の使用、運動療法による筋力トレーニング、ストレッチなどで関節への負担を軽減したり、関節の可動域を広げたりします。

東洋医学(漢方)

痛みを、「通じなくなる」と「痛み」を引き起こすとして、痺(ひ:滞っている状態)として考えます。局部の気血の流れが滞って通じないことから生じたもので、何らかの原因によって、障害を受けていることを表します。またその人の体質や体の調節機能の衰えも根本的な原因とし、痛み以外の全身症状も重視します。

痛みの原因は「不通則痛」と「不栄則痛」にあった

関節痛の原因は、湿気や冷え、ストレスなどによって気・津液・血が体内を巡りにくくなっている場合(不通則痛)と、栄養物質などが不足している場合(不栄則痛)があります。

不通則痛エネルギー物質の運行障害

「関節がはれて痛みがある」「足がむくんで重い」「疲れやすい」といった症状が見られます。気の巡りを良くし、余分な水分を取り除くことで、痛みを改善します。

このようなタイプは くみびんろうとう 九味檳榔湯

不栄則痛栄養不足による運行障害

「しびれがある関節痛」「痛みの慢性化」「筋力が低下している」といった症状が見られます。
栄養を補い、血行不良を良くすることで、痛みを改善します。

このようなタイプは そけいかっけっとう 疎経活血湯

痛みを取り除きながら出来る範囲で全身運動を心掛けてバランスのとれた体づくりを目指しましょう。

商品情報

漢方の飲み方Q&A

痛みの原因を早く知り対処することで、快適でイキイキとした生活を送りましょう。

クラシエ薬品は、アクティブなシニアを応援しています。

らくらくエイジング