ここから本文です

更年期の症状・原因とは?|脂肪燃焼コラム

更年期の症状・原因とは?

大量の汗をかく、イライラするといったイメージの更年期症状。人によって現れる症状は多岐に渡り、なかには気づかなかったという人もいれば、とても大変だったという人も。そこで、更年期と更年期症状についての基本的なことをまとめてご紹介します。

更年期障害の症状とは?

ひとくちに更年期といっても、「更年期」「更年期症状」「更年期障害」では、言葉の意味が変わります。

まず「更年期」について。
一般的に、女性が閉経(月経が完全に停止した状態)を迎える年齢の平均は50歳前後と言われています。なかには40歳で閉経を迎える人もいますし、55歳をすぎて月経のある人もいます。初潮を迎えるのが早かった人は、閉経も早いと言った噂もありますが、それは事実ではありません。

閉経をはさんだ前後の5年併せた10年間を「更年期」といい、女性の誰もが迎えるものです。閉経の時期を迎えると、卵巣内にある卵胞が消失していき、排卵も停止していくため、女性ホルモンが分泌されなくなります。

女性ホルモンは、生殖のためだけでなく、様々な臓器に働きかけて妊娠・出産・子育てをしていく女性の体を守っています。この女性ホルモンは、脳の指令によって卵巣から分泌されますが、更年期になると脳がいくらホルモンを出すように指令を出しても、卵巣の機能低下によってホルモンを出せなくなっているため、脳がパニックを起こします。
この脳のパニックによって起こるのが「更年期症状」。

代表的なものは、「ホットフラッシュ」という「のぼせ」や「ほてり」。他にも「頭痛」「肩こり」「イライラ」「肌荒れ」「うつ状態」など、様々な症状が現れる場合があります。

これら更年期症状によって仕事や家事の支障が出たり、寝込んでしまうなどの重い症状を「更年期障害」といいます。

女性なら誰しもが迎える更年期ですが、誰もが更年期症状を抱えるものではありませんし、なかには、自覚症状がまったくなく更年期を過ぎる人もいます。そこには大きな個人差があり、更年期だと思っていたら病気だったということも。

更年期かどうかを判断するには、婦人科を受診するのが確実です。40歳を過ぎて体調不良が現れたら、婦人科で女性ホルモンの値を検査しましょう。一般的な不調でも、更年期とそうでない場合は、治療や対処方法が異なり、治療の効果にも大きな差が出ます。

更年期にあらわれる
主な更年期症状

これらは主な症状の一部です。ひとつの症状だけにとどまらず、複合的な症状として現れる場合もあり、これだけに限りません。

○うつ症状、不安、不眠、集中力の低下 → 脳(or頭部)系

○大量の汗、動悸、息切れ、のぼせ、ほてり → 血管運動神経系

○乾燥肌、ドライマウス、ドライアイ、発汗、湿疹、粘膜の乾燥 → 皮膚・鼓膜系

○便秘、下痢、吐き気、食欲不振、膨満感 → 消化器系

○頭痛、肩こり、関節痛 → 運動器系

○月経異常、頻尿、残尿感、尿失禁、性器下垂感、外陰掻痒症 → 泌尿器・生殖器系

更年期障害の原因とは?

女性ホルモンが低下することによって起こる更年期症状ですが、女性ホルモンは、脳の視床下部から脳下垂体へ、そして卵巣へと指示が伝えられ分泌されます。
また脳の視床下部は、自律神経をコントロールする働きもあります。ホルモンのほか、体温調節、呼吸、消化、気分のコントロールなど、無意識のうちに体の機能に指示を出しています。

それが、加齢で卵巣機能が低下すると、脳の視床下部が指示を出しているにも関わらず、女性ホルモンが分泌されなくなります。その影響を受けて、自律神経などのほかの機能にも混乱を招き、ホットフラッシュや頭痛、イライラといった更年期症状が起きるのです。

更年期症状が現れる主な原因は、女性ホルモンの低下によるものですが、更年期障害においては、その人の性格や、仕事、家庭などにおける生活環境での「ストレス」も深く関係します。
ストレスが大きい人は、女性ホルモンの低下という体の変化に伴って、出る症状の数が多かったり、重かったりするため、個人差がさらに大きくなります。

月経前症候群(PMS)がひどい場合、更年期症状も重く出るのではと心配する人もいますが、そうとは限りません。
ただ、月経前症候群(PMS)がひどい人は、更年期にも同じ症状が出る可能性はあります。排卵前後は、女性ホルモンの分泌が変化する時期なので、排卵後から月経前の時期は、まったく同じではありませんが更年期と似たような状況です。
そのため、月経前に出ていた症状が、更年期にも現れる可能性はあります。

また、妊娠後は、女性ホルモンの分泌が急激に変化します。そのため、うつや不眠に悩まされる人も。
必ず同じ症状が出るとは限りませんが、更年期に似た症状が出る可能性はあり、その分、更年期症状が出た場合には対策を取りやすくなります。

更年期対策は?

現在では、更年期障害の緩和、症状の改善にさまざまな治療法があり、ほとんどの治療が保険適用となります。

更年期障害は身体的因子・心理的因子・社会的因子が複雑に関与して発症しますので、まず十分な問診を行うことが必要です。その上で生活習慣の改善や心理療法を試み、それでも改善しない症状に対して薬物療法を行います。

心の症状の場合は、セラピーなどの心療療法のほか、薬物療法ではホルモン補充療法(HRT)、抗うつ剤、抗不安剤、漢方療法などがあり、なかでも、ホルモン補充療法は近年見直されてきています。

前述したように更年期障害の原因は、卵巣からでるホルモンが減少することです。そのため、ホルモン補充療法では、薬を使ってホルモンを補充します。

更年期症状は、女性ホルモンのうちエストロゲンの低下で起こりますが、エストロゲン(卵胞ホルモン)だけを補充すると、胸の張りなど不快症状も伴うので、プロゲステロン(黄体ホルモン)も補充します。

ホルモンの補充方法は内服薬だけでなく、貼り薬で皮膚から吸収させるもの、ゲル製剤を皮膚に塗るものなど様々あります。それぞれ含有されているホルモンの量が異なりますので、その人のホルモンの値や症状、生活スタイルにより医師と相談して選ぶことができます。

ホルモン補充療法は、更年期症状への対症療法ではなく、更年期の原因に直接働きかける方法のため、自律神経失調症状とくに冷えのぼせ、発汗、動悸、息切れ等の更年期症状が速やかに改善することが多いです。

ホルモンを補充することにより、皮膚のコラーゲン量が増えしわが減るアンチエイジング効果のほか、閉経後になりやすい骨粗しょう症の予防にも効果があります。体調が回復するとともに粘膜にも潤いが戻り、避けていた性生活も通常通りでき、夫婦関係がよくなったという例も多数。

ただし、エストロゲンとプロゲステロンを併用する方法では,乳がん発症リスクがわずかに高くなるといわれ、エストロゲンだけを補充する方法では,子宮内膜がんのリスクが若干高くなるので子宮のある方には併用療法が考えられます。発症リスクを高める程度はわずかといわれますので、更年期障害の程度や治療により利益、バランスなどを考えて決めることになります。

また、不眠や冷えなどへはあまり治療効果がないため、漢方やほかの薬の併用を選ぶ人もたくさんいます。

更年期障害は、生活習慣の改善などだけで改善するのは難しいものです。「がまんしていたらいつかは改善する」と思って、がまんしてしまう人もいますが、更年期の女性は多忙。現在ではほとんどの不快症状を、緩和したりすることができます。

自分のためにも、家族のためにも、がまんするのでなく、医師に相談して、毎日を明るく元気に過ごしましょう。

監修:株式会社からだにいいこと