ここから本文です

頑固な便秘はどうすればいい?|よくあるご質問

「何をしても便秘が治らない…」と思ったことはありませんか?頑固な便秘には、腸内環境の悪化や骨盤底筋の緊張等が
原因となっている場合があります。原因をしっかりと把握して頑固な便秘を改善しましょう。

腸内環境の改善が便秘の原因解消に

大腸の中に存在している腸内細菌には大きく善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があります。善玉菌は腸の消化や吸収をサポートし、蠕動運動を活発化させるといったように腸の働きを全般的に助ける菌です。
一方で悪玉菌は、毒素を排出しながら腸の蠕動運動を鈍くしたりすることで、腸内に老廃物を溜め込む原因を作り出す菌です。
日和見菌は、腸内細菌のバランス的に善玉菌の方が優勢だったら善玉菌のサポートをし、悪玉菌が優勢だったら悪玉菌のサポートをするというような菌です。
頑固でしつこい便秘を治すには、腸内環境で善玉菌の方が優位な状態を作ることが重要です。環境が整えば、後は勝手に日和見菌が善玉菌をサポートしてくれるので、便秘も解消されていきます。

便秘と腸内細菌の関係。悪玉菌・善玉菌のバランスと環境を維持する

大腸の中に存在している腸内細菌には大きく善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があります。善玉菌は腸の消化や吸収をサポートし、蠕動運動を活発化させるといったように腸の働きを全般的に助ける菌です。
一方で悪玉菌は、毒素を排出しながら腸の蠕動運動を鈍くしたりすることで、腸内に老廃物を溜め込む原因を作り出す菌です。
日和見菌は、腸内細菌のバランス的に善玉菌の方が優勢だったら善玉菌のサポートをし、悪玉菌が優勢だったら悪玉菌のサポートをするというような菌です。
頑固でしつこい便秘を治すには、腸内環境で善玉菌の方が優位な状態を作ることが重要です。環境が整えば、後は勝手に日和見菌が善玉菌をサポートしてくれるので、便秘も解消されていきます。

便秘と腸内細菌の関係。悪玉菌・善玉菌のバランスと環境を維持する

腸の周りの筋肉が頑固な便秘の原因かも

「骨盤底筋」は、骨盤の底をささえているハンモック状の筋肉群で、便を出す際にとても重要な働きをしています。人間は便を出そうと力んだ時に、無意識にこの骨盤底筋を緩めています。
骨盤底筋が緩むと 肛門と直腸の角度がまっすぐになり肛門が緩みます。この2つの変化によって便はスムーズに排出されます。ところが、頑固な便秘の場合は便を出そうとして力めば力むほど逆に骨盤底筋は「緊張でガチガチ」になります。腸の出口が閉まった状態で出そうとしても、出す事ができません。
また、直腸の壁に何らかの問題がある場合、強く力み続けると、直腸にたまった便の圧力でポケットが出来てしまいます。ポケットは女性に特有で、出産や子宮摘出のために直腸の壁が弱って起きるケースもあります。
これらは正式には「直腸性便秘」といい、主に2つのタイプがあります。

  1. 1.骨盤底筋がガチガチ・・・骨盤底筋協調運動障害
  2. 2.直腸のポケット・・・直腸瘤(ちょくちょうりゅう)

便秘薬以外の方法も

頑固な便秘や、便秘が習慣化している場合は、生活環境などを見直すことも大切です。食生活では、いも類・果物類・海藻類といった食品や発酵食品や乳酸菌を意識して摂取するように努めましょう。
そして適度な運動やマッサージも効果的です。

頑固な便秘や、便秘が習慣化している場合は、生活環境などを見直すことも大切です。食生活では、いも類・果物類・海藻類といった食品や発酵食品や乳酸菌を意識して摂取するように努めましょう。
そして適度な運動やマッサージも効果的です。

便秘編