ここから本文です

便秘と腸内細菌(フローラ)の悪玉菌・善玉菌の関係
|よくあるご質問

便秘と腸内環境

人の腸内にはおよそ400種類以上、数にすると100兆個以上もの腸内細菌が腸粘膜の表面にびっしりと住みついています。特に多いのは大腸内部で、菌の総量は1~1.5kgに及びます。この腸内細菌には体にとってよい働きをする「善玉菌」と呼ばれている菌もいれば、「悪玉菌」と呼ばれている都合の悪い働きをする菌もいます。
前者の代表がビフィズス菌や乳酸菌、後者の代表がウェルシュ菌や大腸菌です。
「悪玉菌」は、たんぱく質を分解して便やおならの悪臭のもととなる腐敗物質をつくります。便秘で腸に便が停滞すると、この悪玉菌が増殖して、ますます腐敗物質が増え腸の老化が促進されるばかりか、大腸がんなどの病気を招きやすくなることも分かっています。
一方「善玉菌」は、この「悪玉菌」の増殖を抑え、腸を若々しく健康な状態に保つ働きをしてくれます。さらに善玉菌には、感染症予防、ビタミンやたんぱく質の合成、免疫力の向上、発がん物質の生成を抑制などの働きもあります。

人の腸内にはおよそ400種類以上、数にすると100兆個以上もの腸内細菌が腸粘膜の表面にびっしりと住みついています。特に多いのは大腸内部で、菌の総量は1~1.5kgに及びます。この腸内細菌には体にとってよい働きをする「善玉菌」と呼ばれている菌もいれば、「悪玉菌」と呼ばれている都合の悪い働きをする菌もいます。
前者の代表がビフィズス菌や乳酸菌、後者の代表がウェルシュ菌や大腸菌です。
「悪玉菌」は、たんぱく質を分解して便やおならの悪臭のもととなる腐敗物質をつくります。便秘で腸に便が停滞すると、この悪玉菌が増殖して、ますます腐敗物質が増え腸の老化が促進されるばかりか、大腸がんなどの病気を招きやすくなることも分かっています。
一方「善玉菌」は、この「悪玉菌」の増殖を抑え、腸を若々しく健康な状態に保つ働きをしてくれます。さらに善玉菌には、感染症予防、ビタミンやたんぱく質の合成、免疫力の向上、発がん物質の生成を抑制などの働きもあります。

善玉菌と悪玉菌のバランスを整える食事

健康であれば、善玉菌が優勢で、悪玉菌が劣勢です。しかし、ストレスや過労、食生活の乱れや抗生物質の服用、加齢などによってこのバランスが崩れると「悪玉菌」が増えてしまいます。「善玉菌」を増やして腸内環境を整えるには、食物繊維をたっぷり取り、ビフィズス菌を多く含んだ食品、たとえばヨーグルトや乳酸菌、納豆などを摂るよう心がけましょう。

気をつけて!便秘になりやすい食事とその関係

健康であれば、善玉菌が優勢で、悪玉菌が劣勢です。しかし、ストレスや過労、食生活の乱れや抗生物質の服用、加齢などによってこのバランスが崩れると「悪玉菌」が増えてしまいます。「善玉菌」を増やして腸内環境を整えるには、食物繊維をたっぷり取り、ビフィズス菌を多く含んだ食品、たとえばヨーグルトや乳酸菌、納豆などを摂るよう心がけましょう。

気をつけて!便秘になりやすい食事とその関係

便秘編