トップ / 家族サポート

家族サポート家族サポート

気付いたら、早めに相談しましょう。

ご家族に、気になる症状があらわれたら、早めに受診することが大切です。ただの物忘れであれば心配ありませんが、認知症の初期症状からくる物忘れの場合は早めの対処が必要です。また、物忘れとともに、作り話や妄想、無気力などの症状があった場合は、老人性うつ病やその他の精神疾患も心配されます。原因が早くわかると、適切な治療を受けたり、介護の方針を立てるなど、準備をする時間が確保できます。

症状を分かりやすく伝える、「メモ」の活用症状を分かりやすく伝える、「メモ」の活用

限られた診察時間で、症状を詳しく伝えるためには、事前に準備しておいた「メモ」を見せるといいでしょう。メモを取る時は、医学書などで調べた専門用語などを使わず、日常的な言葉でメモをした方が、症状を理解してもらいやすくなります。初めての病院は、誰でも緊張したり、不安になったりするので、症状を的確に説明することは案外難しいものです。

病院以外でも、相談できる場所があります。病院以外でも、相談できる場所があります。

物忘れは、神経内科、老年科、精神科、脳神経外科、物忘れ外来など、専門医がいる医療機関などで受診できますが、まずは、かかりつけ医に診てもらい、専門医のいる医療機関に紹介状を書いてもらうこともできます。また、各市町村の認知症相談窓口や高齢者総合センター、地域包括支援センターなど、病院以外の相談窓口を利用してもいいでしょう。
受診するときは、たとえ症状が軽くても、家族など身近な人が同行するようにしましょう。
本人が傷つくような内容の話は、付き添い人と医師だけの時間を設けるなど、本人の気持ちを傷つけないよう対応しましょう。

ご家族を支えるあなたへご家族を支えるあなたへ

介護する側の健康も、大切にしましょう。

大切な家族が認知症と診断されたら、最初は、心が動揺してしまうことでしょう。でも、家族が悩んでばかりいては、本人をもっと不安にさせてしまうかもしれません。
介護をする側とされる側が、お互いに、より快適に、負担を少なく過ごしていくために、いつでも専門家に相談できるような環境づくりを心がけましょう。
ストレスもいろいろと貯まりがちな日々かと思います、適切なケアをしながら、どうか、ご自分のお身体も大切にされてください。

※この医薬品は、認知症の治療または予防に効果があるものではありません

一度試してみませんか一度試してみませんか

ストレス緩和に

  •  桂枝加竜骨牡蛎湯 桂枝加竜骨牡蛎湯
  • 抑肝散加陳皮半夏抑肝散加陳皮半夏
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯柴胡加竜骨牡蛎湯

疲労怠慢、食欲不振の方へ

  • 補中益気湯補中益気湯
ページのトップへ戻る