ホーム > What's New > ビジネスマンの3人に1人は「仕事中に居眠り」の経験あり!

News Letter

2010年4月13日

ビジネスマン、
3人に1人は「仕事中に居眠り」の経験あり!

居眠り回数、社会人生活の中で平均「15回」 最高「200回」も!

「フリスクは眠気対策のマストアイテム」 5人に1人が回答!

 

クラシエフーズが実施した 「仕事中の眠気に関する実態調査」は、男女の「仕事中の眠気」に関する意識や実態が明らかとなる、興味深い調査結果となりました。

調査対象: 2039歳の男女(有職者) 各250名 合計500名 調査期間:201024日〜5日)

8割が「仕事中に眠気を感じることがある」 取引先との打ち合わせ中も・・・ 

「仕事中に眠たくなることはありますか?」と聞いたところ、 「ある」と答えた人は、77%。

中でも 28%が「よくある」と回答。仕事中に眠たくなる時については、「昼食をとった後」が最も多く 74%。そして、「デスクでの仕事中」(56%)、「社内の会議中」( 28%)、「残業している時」(12%)、「午前中」( 11%)と続き、何と「取引先との打ち合わせ中」( 3%)と答えた人もいました。 皆さん、仕事中の様々な場面で眠たくなるようです。

4人に1人が眠気対策に「ミントタブレット」。 中でも「フリスク」が一番人気! 

「これまでに仕事中に眠ってしまったことはありますか?」という質問に対して、「ある」と答えた人は、 32% 。

何と、 3人に1人は、仕事中に眠ってしまった経験があるようです。

ちなみに、その回数を聞いたところ、社会人となってから 平均は「15回」、中には、「 200回」と答えた人も。

 

具体的に眠ってしまったエピソードについて聞いたところ、以下のような回答が寄せられました。

◇「受付で眠っていたら、お客様に『ワッ!』と起こされてしまった。( 34歳・女性)」

◇「書類を書きながらウトウトしていたら、上司に椅子を蹴られてひどく怒られた。( 31歳・男性)」

◇「もの凄く眠い時に、プリントの印刷ボタンを何度も押してしまい、予定よりもかなり多い枚数をプリントしてしまった。( 24歳・女性)」

◇「残業中に眠ってしまい、目が覚めた時には朝だった。( 30歳男性)」

 

仕事の大敵である「眠気」。その対策として、飲むもの、食べるものについて聞いたところ、「コーヒー」( 59%)、「ガム」( 38%)と続き、その次に多かったのは「ミントタブレット」( 24%)。その中で具体的に食べるミントタブレットの商品について聞くと、 1番人気は 『フリスク』 70%でした。その結果、全体での割合は 17%となり、 5 人に1人が 眠気対策に「フリスク」を食べているようです。

ビジネスマンの大敵とも言える「仕事中の眠気」。 『フリスク』は、7つのフレーバーすべてが、ミント感のある大人向けミント。

仕事中のリフレッシュに特にオススメです。

お問合せ

※この文書は、WEBサイト掲載用に編集しています。