ホーム > What's New > 「夏は塩甘栗むいちゃいました」〜赤穂の塩で、ほんのり塩味〜夏季限定

News Letter

2010年7月9日

夏は塩甘栗むいちゃいました
〜赤穂の塩で、ほんのり塩味〜

 

夏期限定 「塩甘栗むいちゃいました」 希望小売価格157円(税込)

 

 

◆ ちょっとした隠し味・・・その名は塩   

メインとなる食材に意外なものを組み合わせると、これが風味をアップさせ、味の決め手になることがあります。

有名なところでは、カレーにチョコレート、インスタントコーヒー、醤油、などを入れるとコクが出ます。

辛い料理には、砂糖や蜂蜜、マンゴーなどの果物を入れると辛さが引き立ちますし、お汁粉などの甘いものや西瓜(すいか)などに塩を加えると甘さが引き立ちます。

◆ 甘いものに塩味を加えると、甘味が引き立つのはなぜ?

では、なぜ甘いものや西瓜(すいか)などに塩を加えると甘く感じるのでしょうか?甘み、酸っぱさ、苦さ、塩辛さなどが舌に伝わる早さは、味覚ごとにそれぞれ違います。塩辛さは甘さより早く伝わるので、西瓜(すいか)に塩をかけることで、塩辛さを感じた後に西瓜(すいか)本来の甘さを感じることになり、甘さがより引き立つのです。このメカニズムが「塩甘栗むいちゃいました」を更においしくしているのです。

 

◆ 「塩甘栗むいちゃいました」に使用している塩は、由緒正しき『赤穂塩』    

播州・赤穂藩は、歌舞伎や浄瑠璃の『忠臣蔵』で一躍有名になりましたが、もともとは、塩造りで栄えた土地でした。「赤穂の塩造り」は歴史も古く弥生時代までさかのぼり、平成の現代まで脈々と受けつがれてきた日本の由緒正しき「塩」といえます。「塩甘栗むいちゃいました」には、その由緒ある地名を冠した『赤穂塩』<()日本海水>が使用されています。

 

 

現在の赤穂城

 

 

 「塩甘栗むいちゃいました」は、全国のスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、駅売店で発売しています。