ホーム > What's New > 第1回フレイル漢方薬理研究会 学術集会開催(大阪・東京)のお知らせ

Information

2017年7月14日

第1回フレイル漢方薬理研究会 学術集会開催(大阪・東京)のお知らせ


 クラシエ薬品株式会社[本社:東京都港区、社長:古市 貞雄](以下、クラシエ薬品)は、フレイル漢方薬理研究会[事務局:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科心身内科学分野内、代表世話人:乾 明夫]と共催にて、第1回フレイル漢方薬理研究会 学術集会を大阪及び東京にて開催致します。
 
 フレイルとは、高齢期に生理的予備能が低下することにより、ストレスに対する脆弱性が亢進し、生活機能障害や要介護状態、死亡などに陥りやすい状態を指します。介護の危険度が高いものの、自立した生活を送れる状態であり、適切な対策を講じることで、再び健康な状態に戻るという可逆性が包括されていることから、2014年にフレイルに関する日本老年医学会からのステートメントが発表されて以来、介護予防のキーワードとして注目を集めています。フレイルは身体的のみならず、精神・心理的、社会的な問題を含む概念であり、多彩な要因が複雑に関係するため、多成分系の漢方薬に期待が寄せられています。


  フレイル漢方薬理研究会は漢方製剤を用いた高齢者医療の更なる発展に寄与することを目的とし、代表世話人である乾 明夫氏らにより2016年11月に発足されました。漢方製剤の中でも「人参養栄湯」に注目し、臨床・薬理の視点からフレイルへの有用性の解明が進められております。


 人参養栄湯は補剤(足りない物を補う)に分類され、古典にはるい痩や食欲不振などフレイルを彷彿させる症状がその証(処方の目標)として記されている処方です。弊社は漢方薬の有用性について科学的な解明を目的としたフレイル漢方薬理研究会の活動に賛同し、この度の学術集会を共催する運びとなりました。多くの医師にご出席いただくことで明日からの臨床にお役立ていただき、製薬企業として国民の「健康長寿」の一翼を担うべく、今後とも取り組みをさせていただきたく存じます。



【本件に関するお問い合わせ】
クラシエホールディングス株式会社  総務・広報部 電話:03-5446-3042

参考資料


第1回フレイル漢方薬理研究会 学術集会 「健康長寿と人参養栄湯」


●大阪会場
日時:2017年7月29日(土)14:00−17:30
場所:ザ・リッツ・カールトン大阪 2階「ザ・グランド・ボールルーム」


●東京会場
日時:2017年9月2日(土)14:00−17:30
場所:東京マリオットホテル B1階「ボールルームノース」



フレイル漢方薬理研究会ホームページ
http://www.frailkampo.jp


クラシエ医療用医薬品ホームページ
「 漢・方・優・美」
http://www.kampoyubi.jp

Copyright (C) Kracie Holdings,Ltd. All Rights Reserved.