お風呂は心と体の切り替えスイッチ

2016.6.3 up

1日何度も、のんびり長風呂

“日本人はお風呂好き”とよくいわれますが、福原愛選手は、まさにその代表選手。「リラックスできて、気持ちが落ち着くから」と普段の生活でも、朝の練習前、練習を終えた夜、そして明日に備えて眠りにつく前と1日3回は入浴するそうです。しかも、のんびり長風呂派。半身浴より少し深めのお湯に入浴剤を入れて、読書をしたり、お気に入りのDVDを見たり、ときには携帯電話を持って入ることもあるとか。
バスタイムは、アスリートの世界をちょっと離れて心と体をリフレッシュさせる大切な時間なんですね。

ひと試合ごとにシャワーで切り替え

毎日の入浴だけでなく、福原愛選手には試合のあとのシャワーも欠かせません。試合が続くときは、ひと試合終わるたびにシャワーで汗を流すそうです。
それは、勝っても負けても気持ちを切り替えて、次の試合に臨むため。熱くて強いシャワーはマッサージ効果があり、交感神経を活性化させるといわれますから、「さあ、行くぞ!」と戦闘モードに入るには最適なのかもしれません。

バスタイムの必須アイテム

ゆったりと入浴を楽しんだあとも、サッとシャワーを浴びたあとも、お風呂上りの爽快感は格別なもの。
福原愛選手も、練習や試合の汗を洗い流したあとのすっきりとした気分が大好きなのだそうです。
だから、ボディソープにはこだわっていて「洗ったあとがサッパリしていて香りのいいもの」がお気に入りとか。バスタイムを快適にしてくれるマストアイテムとして、どこに出かけるときも手放せないそうです。

自宅はもちろん、海外遠征もいっしょに!
ナイーブ(naive)

ナイーブ(naive)

家族みんなのお肌のために
洗う成分100%植物生まれ、豊かな泡立ち、サッパリとした洗いあがり。
「100%植物性ナイーブ」が大切に守り続けていることです。
"家族みんなの肌のために” − これからもナイーブは進化していきます。
  • #1 Relax
  • #2 Drink
  • #3 Health
PAGE TOP