お悩みピックアップ

体調の変化は、季節の移り変わりと関係することが多いのです。
この季節、シニア世代はどんな漢方処方を利用しているのでしょう?
人気ランキングをご紹介しながら、この季節のお悩みをピックアップします。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

こじらせたかぜ

シニアに人気の漢方処方ランキング

  • はちみじおうがん
  • 八味地黄丸
  • かっこんとう
  • 葛根湯
  • かっこんとうかせんきゅうしんい
  • 葛根湯加川芎辛夷
  • しょうさいことう
  • 小柴胡湯
  • よくいにん
  • ヨクイニン
  • おうれんげどくとう
  • 黄連解毒湯
  • おつじとう
  • 乙字湯
  • ごしゃじんきがん
  • 牛車腎気丸
  • さいこけいしとう
  • 柴胡桂枝湯
  • しょうせいりゅうとう
  • 小青竜湯

※2011年クラシエ製薬調べ

寒さも本格化してくると、かぜやインフルエンザが心配ですね。
熱やせきなどで体力を消耗してしまい、長引いたかぜは治りにくいもの。また、ウイルスが胃腸に感染すると、吐き気や下痢といった胃腸炎をまねき、体力を消耗してしまいます。

胃腸の症状があるときにおすすめの漢方処方には、「小柴胡湯」や「柴胡桂枝湯」があります。
「小柴胡湯」は、みぞおちから上腹部、脇腹にかけてつまった圧迫感があり、食欲がなく吐き気があったり、口が苦く、粘ったりするような時に用いられる処方です。かぜをひき、十分に回復しないまま疲労感が残ったり、胃腸が弱って食欲がなかったり、というかぜの後期の症状におすすめです。
「柴胡桂枝湯」は、かぜの後期の症状や吐き気などのあるかぜ、腹痛を伴う胃腸炎に効果があります。微熱と寒気を感じ、頭痛などがある、かぜの中期から後期の症状におすすめです。

インフルエンザ、肺炎などは医療機関を受診したうえで安静にするのが基本ですが、回復期に熱が長引いたり、せきやたんが多く安眠できない場合には、「竹茹温胆湯(ちくじょ うんたんとう)」という処方がおすすめです。