お悩みピックアップ

体調の変化は、季節の移り変わりと関係することが多いのです。
この季節、シニア世代はどんな漢方処方を利用しているのでしょう?
人気ランキングをご紹介しながら、この季節のお悩みをピックアップします。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

ひき始めのかぜ

シニアに人気の漢方処方ランキング

  • ぼうふうつうしょうさん
  • 防風通聖散
  • かっこんとう
  • 葛根湯
  • りっくんしとう
  • 六君子湯
  • よくいにん
  • ヨクイニン
  • ごれいさん
  • 五苓散
  • しょうせいりゅうとう
  • 小青竜湯
  • かみきひとう
  • 加味帰脾湯
  • かみしょうようさん
  • 加味逍遙散
  • けいしぶくりょうがん
  • 桂枝茯苓丸
  • じゅうぜんだいほとう
  • 十全大補湯

※クラシエ調べ

小春日和の日があったかと思うと、急に冷え込む日があったりして、体調も崩しがちな季節ですね。
かぜをひいたかな? と思ったら、ひき始めのうちに対処したいものです。

かぜのひき始めに、ゾクゾクとした悪寒、筋肉のこわばりなどを感じることがあります。
中医学では、こうした症状は「寒邪(かんじゃ)」が体に入り込んだものだと考えます。寒邪は、体内のめぐりを停滞させるほか、体をちぢこまらせたり、体表をふさいで気や汗の出入りを邪魔したりします。
このため、かぜのひき始めには、寒気がしたり、汗が出にくくなるというように考えています。
肩こりや筋肉痛も、体内のめぐりが停滞することによって起こる痛みと考えられます。

かぜのひき始めに、ゾクゾクするような寒気、悪寒がある場合には、まず体を温めましょう。温かい食べ物、とくにしょうが湯などがおすすめです。また、室内を乾燥させないように気をつけながら、温かくして休養をきちんと取りましょう。
また、かぜのひき始めで汗をかいておらず、寒気や悪寒があるような場合には、葛根湯がおすすめです。葛根湯は体を温めるほか、発汗作用があります。