血圧とは

血圧とは、心臓から送り出される血液が、血管にどれだけの圧力をかけているかという数値のことです。
血圧が高ければ、血管に負担がかかります

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

収縮期血圧=最高血圧、拡張期血圧=最低血圧

日本高血圧学会[高血圧治療ガイドライン2009]グラフ

血圧は、最高血圧と最低血圧で測ります。
正式には、最高血圧は「収縮期血圧」、最低血圧は「拡張期血圧」と言います。これは、血液を送り出すポンプの役割をする心臓が収縮しているとき、拡張しているときという意味です。

日本高血圧学会のガイドラインでは、収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上を高血圧としています。
ただし、メタボリックシンドロームの診断基準としては、それよりもう少し低い収縮期血圧130mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以上の「正常高値血圧」を採用しています。

血圧が高いとどうなる?

高血圧、高コレステロール、高血糖などによる体への影響のイメージ図

塩分を摂り過ぎると、体は血液中の塩分を薄めようとして、水分を血管内に集めます。このため、血液の量が増え、血液が血管に与える圧力(=血圧)が上がってしまいます。

日本人の食塩摂取目安は男性で9g未満、女性で7.5g未満(※1)とされていますが、高血圧の人は6g未満(※2)まで減らしたほうが良いとされています。塩分を減らすのはなかなか簡単なことではありませんが、ドレッシングや醤油を減らし、レモンや酢、香辛料を味付けに使ったり、薬味をふんだんに使うことでも塩分が減らせます。

※1:『日本人の食事摂取基準(2010年版)』(厚生労働省)
※2:日本高血圧学会による目標数値