血中脂質とは

血中脂質とは、血液の中に溶け込んでいる脂質のことで、本来は体に必要なものです。
コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)など、いくつか種類があります。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

コレステロールは善玉と悪玉がある

体内におけるLDL、HDLの動きのイメージ図

健康診断などでは、コレステロールはLDLやHDLの値で見ます。
LDLはいわゆる「悪玉コレステロール」、HDLはいわゆる「善玉コレステロール」です。
LDLは、肝臓からコレステロールを血管に運ぶはたらきをするので、「悪玉」と呼ばれています。一方HDLは、血管からコレステロールを肝臓に戻すはたらきをするので、「善玉」と呼ばれているのです。

血中脂質には、このほかに中性脂肪(トリグリセライド)があります。
中性脂肪は、体内のエネルギー源となるものですが、エネルギーとして使われずに余った分は、体脂肪として蓄えられます。

血中脂質が多いとどうなる?

正常な血管、脂質が蓄積した血管の断面のメージ図

悪玉コレステロールが多過ぎると、血管の壁の内側にたまっていきます
また、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスが適正であれば、善玉コレステロールがコレステロールを回収するのですが、善玉が少ない場合は回収しきれず、やはり悪玉がたまってしまいます。
また、中性脂肪が多過ぎる場合も、善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やすはたらきをするので、同じことが言えます。

血管壁の内側に脂質が蓄積すると、やがておかゆのようにやわらかい腫れとなります。これが破れると血栓ができ、血管が詰まる原因となります。