神経の不具合

ロコモティブシンドロームをまねく原因の一つに、下半身をつかさどる神経の不具合があります。
機能低下を防ぐために、神経のことを知っておきましょう。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

下半身をつかさどる神経の仕組み

背骨と神経のイメージ図

頸椎と胸椎を通る神経は脊髄、
腰椎を通る神経は馬尾神経です

神経は、脳や背骨から全身に張りめぐらされています。
背骨は、上から頸椎、胸椎、腰椎と区分され、頸椎と胸椎に通っている神経は脊髄(せきずい)、腰椎に通っている神経は馬尾神経(ばびしんけい)といいます。
馬尾神経はさらに枝分かれし、下半身の動きをつかさどっています。

神経の不具合で起こる症状

前かがみに立って休む人のイメージ図

歩いているとだんだん腰や脚が痛くなって、
休むと治る症状を間欠性跛行といいます

なんらかの原因で神経が圧迫されたり、傷ついたりすると、しびれや痛みといった症状が起こります。

神経に不具合が起こる原因はいくつかありますが、加齢によるものとしては脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)があげられます。
背骨が弱くなって変形し、神経が圧迫されることで痛みやしびれが起こります。
歩いているとだんだん腰や足が痛くなって、しばらく前かがみになって休んでいると痛みがなくなる、間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状が特徴的です。