• HOME
  • ロコモティブシンドロームって何?

ロコモティブシンドロームって何?

「ロコモティブシンドローム」という言葉を聞いたことがありますか?
日本整形外科学会が2007年に提唱した、まだ新しい考え方で、「運動器症候群」とも言われます。
運動器の障害により、立つ・歩くといった日常の移動動作が難しくなり、寝たきりや要介護状態のリスクが高まった状態を指します。
内臓の病気である「メタボリックシンドローム」とあわせて、元気に年を重ねるために予防する意識をもって生活することが大事です。

運動器の仕組み

最新の Adobe Flash Playerが必要です

Get Adobe Flash player

再生時間:約1分(音の出ないコンテンツです)

ロコチェック

1つでも思い当たることがあれば、ロコモティブシンドロームかもしれません。

  • 家の中でつまずいたり滑ったりする
  • 階段を昇るのに手すりが必要
  • 15分くらい続けて歩けない
  • 横断歩道を青信号のうちに渡りきれない
  • 片足立ちで靴下が履けない
  • 2kg程度の買い物をして持ち帰るのがつらい
  • 掃除機をかける、ふとんの上げ下ろしといった重い作業がつらい

ロコモティブシンドロームの原因

ロコモティブシンドロームは、さまざまな原因が影響し合って進行します。

運動器自体の疾患

骨折、骨粗鬆症など骨が弱くなると
変形性関節症、関節炎など関節が弱くなると
脊椎症、リウマチなど神経の不具合

運動器の機能低下

筋力の低下
バランス能力の低下
運動機能の低下