骨の健康のために

ロコモティブシンドロームをまねかないように、骨の健康を維持しましょう。

※このサイトの情報は、毎日の生活のご参考となるものです。ご自身の健康状態については、医師にご相談ください。

日光浴でビタミンDを合成

日光を浴びて散歩する人のイメージ図

骨の健康のためには、日光浴も欠かせません

骨は主にカルシウムでできています。
もちろんカルシウムを摂ることも大事ですが、それだけでは十分ではありません。摂ったカルシウムが腸管から吸収されるためには、ビタミンDが必要なのです。

ビタミンDは、食品から摂ることもできますが、日光に当たることでも体内で合成されます。日光に当たる時間は、1日15分~30分程度で十分とされています。
また、適度な運動も骨の生まれ変わりを促進するので、骨の健康のためには日光を浴びて散歩をするなど、屋外で体を動かすのがおすすめです。
ただし、無理をしない程度にしましょう。

酒、タバコを控え、バランスの良い食生活を

牛乳、チーズ、イワシ、小松菜のイメージ

カルシウムは乳製品などに
豊富に含まれています

酒の飲み過ぎや喫煙は、カルシウムの吸収を妨げるとされていますので、できるだけ控えましょう。

食事は、カルシウムが豊富に含まれる食品を積極的にとりたいものです。牛乳、ヨーグルトやチーズなどの乳製品のほか、イワシ、小松菜、ひじきなどがおすすめです。
また、切り干し大根や干ししいたけなどの乾燥食品には、ビタミンDも含まれています。